50代からの女性の生き方を考える~健康、人間関係、仕事、お金

● 50代からの女性の生き方を考える~健康、人間関係、仕事、お金

こんにちは。癒しの占星家・EMMY(蛭田えみ)です。

42歳頃にやって来る人生の大きな危機。

リアルに、残りの人生が半分になったと感じ始める。

そして、50代になると、その思いは一層リアルになる。

今までのように、成長・発展していく生き方から、衰えていく事を受け入れ、成熟していくという方向への、大きな転換が始まるのだ。

そして、今までは、自分より強かったはずの親が、いつの間にか老いて、小さく感じることもあるだろう。

親を看取るということも、この時期から始まることが多いのだ。

 

母親との強い結びつき

母親との関係は、私たちの人生全般において、非常に重要だ。

父親との関係より、深い場合がほとんどだからだ。

赤ちゃんは、10ヶ月間も母親の胎内で暮らす。

妊娠20週になると、外の声はすべて聴こえているとも言われる。

そして、胎内では、胎盤を介して化学物質伝達が起こり、母親の感情的な状態も伝えられる。

もしかしたら、あなたが持っている問題の根っこは、母親の感情かもしれないのだ。

さらに遺伝的にも母子間免疫寛容という状況が起こり、違うDNAにも関わらず、母親のものは、受け入れてしまうのだ。

通常、赤ちゃんの時って、父親に比べ母親との接触の方が多い。

胎児のときのみならず、生まれてからも、母親の考え方や行動、感情にさらされるのだ。

そのうち、全く違う人間にもかかわらず、自分と母親の考えの区別ができなくなってしまう。

ここを、見つめ直し、母親と自分を、区別する必要があるのだ。

母親からもらったものが、生きていく力になるようなものなら、問題はない。

けど、母親の価値観と、あなたの価値観は、違う場合がほとんどなのだ。

母親の価値観を脱ぎ捨て、自分の価値観で生きること。

これが、自分の人生を生きるスタートだから、母親との関係を見直すことはとても重要だ。

 

母を亡くすということ

親子の絆は、他のどんな関係よりも長く強い結びつきだ。

そして、父親よりも母親を亡くした時のショックが大きく「母ロス」という言葉が生まれたらしい。

人格形成や、信じ込み、セルフイメージなどに、大きな影響を及ぼすのは、母親の存在が強いからだ。

母と子の絆は、妊娠した時から、ずっと続いている。

母とのつながりは、単にDNAを半分受け継いでることにとどまらず、妊娠中の母親の体内での影響、成長する過程で受ける、さまざまな影響は、人生に大きな影響を与える。

そのため、大人になっても、母親の影響が、強く残っていることがある。

母との死別を経験することは、あなたの人生の目的につながっている。

でも、母はわかりやすく、言葉で伝えたり、手紙を残したりしてくれるわけではない。

それでも、母や大切な人の死は、私たちを、成長させるために起こっている。

母が歩んだ人生があったから、私たちは今、こうして生きている。

母の死を受け入れ、その目的に気づくことも、50代からの私たちのテーマでもある。

 

今までの生き方を見直す

私たちは、今までの人生の中で身につけた、様々な考え方や、迎合していた常識がある。

人生が残り半分を切ったと感じる時、はたして、必要のないルールに縛られていることは、好ましいことだろうか?

やり残したことはないか?そう感じる人も、多いはずだ。

そして、私は何のために生まれてきたのだろう?人生の使命は何だったのだろう?という問いが生まれる。

それを、紐解くには、29歳の転機、42歳の転機から探るのも、一つの方法だ。

良くも悪くも、どんな思い込みやルールをつくり、忠実に真も持ってきたのだろう。

もし、今のあなたが、望むような、健康状態、人間関係、仕事やお金を手にしていないなら、考え方の癖を変える必要があるのだ。

もう迷ってる暇はない。

行動して、本当の自分に出会うという至福を手に入れるのか、今のまま、諦めの人生を送るのか。

健康も、人間関係も、仕事も、お金も、根本は同じところだ。

次の記事を参考に、あなたの転機を振り返ってほしい。

 

29歳前後におきる、人生でになう責任への自覚

占星術で見る29歳前後におきる、崖っぷちな出来事と、土星の関係

 

42歳の転機は、人生を自分らしく生きるための選択

占星術で見る40代、「私の人生このままでいいの?」と考えたくなる理由と、天王星の関係

 

50代からの生き方、スピリチュアルな感覚を取り戻す

占星術で見る50代からの生き方、スピリチュアルな感覚を取り戻すこととキロンの関係

 

過去を振り返り、自分が身につけて来た考え方や、セルフイメージを知ること。

さらに、ネガティブな感情が付きまとう出来事から、あなたの人生の使命を知ることができる。

何のために、この辛く苦しい経験が必要だったのか?

病気や人間関係のトラブル、収入に満足できないなどは、人生の方向性が、間違ってるよっていうお知らせだ。

でも、私たちは、ついつい、目の前のことだけを、解決しようとする。

同じような病気を繰り返したり、再発することが多いのは、根本の考え方が変わらず、表面だけを何とかしようとしているからだ。

そこを解き明かすと、心も体も軽くなり、50代からの人生を、もっともっと楽しめるようになるのだ。

だから、星の世界は、40代・50代からが面白い。

大人の占星術~星の世界は、50代からが面白い!

 

新しくやって来る水瓶座の時代

時代が変わると、常識が変わる。

豊かな未来を手に入れるために、いろんな方法があるだろう。

星の潜在力を最大限に生かすには、いわゆる、潜在意識を変える必要がある。

つまり、考え方を変えるのだ。

考え方を根本から変えていくと、見える世界が変わる。

過去の自分のメールを見て、「これじゃ、不幸まっしぐらですね。」と笑えて来るという方もいる。

土星が水瓶座時代になると、「枠」っていう概念が、変わると思ってる。

今はその過渡期だ。

本格的な土星の水瓶座時代を、どのように生きるのかという試練は、いずれやって来る、冥王星の水瓶座時代からのギフトでもある。

水瓶座といえば、個性化とか、革命とかっていうイメージもあって、支配星の天王星も、電気的な刺激で、目覚めていく感じだ。

けれど、水瓶座の副支配星は、土星だ。

山羊座的な縦社会じゃなくて、水瓶座的なコミュニティの中で、ひとりひとりが、自分の枠を持ち、成長しあうことが求められる。

土星水瓶座の予告編の間、私たちが考えていかなくちゃいけないことは、社会の動きに対して、自分はどう生きていくのかってこと。

すべての出来事は、私たちに、「自分を生きて!」って伝えてる。

50代・アラフィフからの、水瓶座時代のコミュニティ・In the Pinkな世界を創る!

 

私たちが育ってきたころとは、時代が変わった。

今、コロナ騒ぎで、また大きく変わろうとしている。

時代の変化を、チャンスだと思うのか、苦しいと思うのかで、見えるものは変わってくる。

この時代を選んで生まれたんだって思えれば、その中で、どういう生き方をするのかということは、人生の醍醐味だ。

50代からの人生、こんな生き方がしたかったって、自分が納得できるような生き方を選択したいよね。

誰かに羨ましがられるためじゃなく、自分を好きでいるために!

 

 

 

50代からをもっと豊かに生きる方法♡In the Pinkの世界を創る!  - にほんブログ村


 



シンシア Astrology Space Cynthia

ホロスコープに描かれているのは、人生の使命と才能です。占星術は、あなたの未来の運勢を、望むものへと変える方法を教えてくれます。

広島県内をはじめ、東京・名古屋・大阪・北海道・仙台・福岡・沖縄・イギリス・アメリカ・マレーシアからも、ご依頼いただいています。