50代からの選択は、何を選べば正解かではなく、何がしたいのか。

● 何を選べば正解かではなく、何がしたいのか。

こんにちは。癒しの占星家・蛭田えみ(EMMY)です。

いつも、沢山の方の、人生に触れることで、たくさん、学ぶことがある。

最近、「私の才能を生かすには、何を選べばいいですか?」という、ご質問が多い。

コロナ自粛の中で、自分に向き合い、出てきた疑問なのかな。

そこには、「間違いたくない」っていう思いが、見受けられる。

誰だって、辛い思いより、楽しいほうがいい。

できれば、最善の道を歩みたいって思うだろう。

私たち世代は、まだまだ、みんなの正解がいいことだっていう風に、学んできたことの爪跡が残ってる。

ひとりひとりの個性より、みんなと仲良くって言われて、育った世代だ。

だから、正解を探すっていう感覚もよくわかる。

けど、正解の道って、果たして何だ?

誰かに、選んでもらうんじゃなくて、自分で選ぶこと。

自分が、正直に自分と向き合い、選ぶしかないし、その選択の責任を負うのは、自分しかいない。

そこには、大きな壁だと思うものが、立ちはだかってるかもしれない。

その壁を、乗り越えた先の景色を、見る決断をするのは、あなただ。

私が、看護師を、やめるといった時、賛成する人は、いなかった。

街角の占い師さんすら、現実的な、回答だった。

でも、私は、新しい世界に、飛び込むことを、選択した。

結果は、今の私だ。

もちろん、最初から、何の失敗もなく、うまく行ったわけじゃないし、仕事としてうまく生き始めてからも、身体を壊したこともあった。

決して、この道を選んだから、とっても楽しいことしか起きない毎日ってことじゃなかった。

でも、後悔したことは、一度もなかったんだよね。

今思えば、自分の、心の声を感じることが、できてたんだろうな。

手術をして、自分の命について考える機会があったからこそ、できた決断でもある。

そして、死や病気から遠ざかり始めると、また、心の声を聴くことが、疎かになって、体からメッセージがやって来る。

良くも悪くも、身体を通しての学びがあるのは、ホロスコープの月が、12ハウスルーラーで、山羊座の6ハウスっていうこともある。

だから、大きな決断の前には、体がメッセージを送ってくるんだろう。

もっと、心の声、体の声を聴いてって。

大きな決断をする時、自分の心の声に、勝るものは、無いのだ。

 

応援お願いします♡
PVアクセスランキング にほんブログ村






シンシア Healing Space Cynthia

 

ホロスコープに描かれているのは、人生の使命と才能です。占星術は、あなたの未来の運勢を、望むものへと変える方法を教えてくれます。

星の遺言は、あなたがあなたらしく生きることを、愛をもって伝えてくれます。

広島県内をはじめ、東京・名古屋・大阪・北海道・仙台・福岡・沖縄・イギリス・アメリカ・マレーシアからも、ご依頼いただいています。