50代の私たちが、自信を取り戻さないといけない、たったひとつの理由

● 50代の私たちが、自信を取り戻さないといけない、たったひとつの理由

こんにちは。癒しの占星家・EMMY(蛭田えみ)です。

どの世代だって、自信はあった方がいいに決まってる。

でも、50代の私たちには、自信を取り戻さなきゃいけない理由がある。

 

なぜ、この年齢で自信を取り戻すことが必要なのか?

20代でも、30代でも、自信って持ってた方がいい。

でも、50代のあなたが、「自分に自信がない」って思ってるなら、なるべく早く、取り戻さなくちゃいけない。

私たち世代は、まだまだ、自由に生きるっていうことが選択肢になかった時代。

だから、社会の常識に合った生き方に、馴染んでいくって方向だったかも。

その中で、自分を過小評価したり、合わない価値観の中で、もがいてきたはず。

でも、今の時代は違う!

もっと、自分でいろんなことを選べる時代だ。

だけど、自分に自信がない状態だと、何かを始めるっていう1歩が踏み出せない。

さらに、若い時は、何かができるようになるっていう成長の時期だ。

だから、何かができるようになることで、自分を認めることができたり、自己肯定感を高めるチャンスが、とっても沢山あるのだ。

もちろん、ここで、人からの評価中心で動くと、それはそれでよくないけど。

私たち世代は、成熟の世代。

考え方が深まったり、感じ方が変わったり、もちろん、新しく何かを得ることもできるけど、同時に、できなくなってしまうことが、増える世代だ。

「気持ちの持ちよう」だけでは、どうにもならない事。

若いころに比べて、お肌がたるんできたとか、体力が落ちたとか、記憶力が落ちたとか、目が見えにくくなったとか・・・

できることが増えることによって、自信をつけ、自己肯定感を取り戻すということが、困難になるのだ。

さらに、経験が増えるちうことは、解決できていない、ネガティブな感情がついた経験も、増えるということ。

その記憶が、今、新しくチャレンジすることを、困難にする。

だからこそ、今までの経験の中で、身につけてきた、「私には価値がない」というラベルを書き換え、自信をもって、行動できるあなたになる必要がある。

そこが育ってれば、80代・90代になって、できないことが増えたとしても、自分を好きでいられるんじゃないかな。

そんな年齢になることを、考えたくないなんて言わないで!

年齢は必ず、重ねていくもの。

私が20代・30代だった頃、私は、すっごく自信が持てない子だった。

小・中学校の時に、成績が良かったのも、その自信のなさを、埋めるための道具だったんだと思う。

他に何もないって思ってたし、勉強は、努力次第で、何とかなるものだったから。

そして、就職してから、20代で学生を教える立場になったこともあって、知らないことがあっちゃいけないって思ってた。

仕事も、できる人だと思われたかったから、早くできることがいいと思ってた。

幸か不幸か、採血や注射は上手だったから、血管が出ない人の採血を変わってほしいって言われることも多くて、そういうことが、拠り所になってた。

私は超方向音痴だけど、それも、ちゃんとできなきゃって思ってたから、いける範囲のところは、あらかじめ、一度行ってみて確認したりしてた。

「できない、わからない」って言えなかったのだ。

できない、わからないって、認識することは、成長のチャンスである一方、自己肯定感を下げることにも繋がるのだ。

いつも、緊張状態、体にいいわけない。

そして、40代の時、病気になって、人生を変えた。

 

自己肯定感を持つということ

だから、今、あなたが本来持ってる、自分の良さを知って、自己肯定感を持つことが必要なのだ。

占星術でも、そのサポートができる。

ホロスコープに描かれてるのは、あなたの才能だし、抑圧されているものを、知ることもできるからだ。

そこから紐解き、持って生まれた才能を、十分使えるよう、基盤を整えていく。

脳科学・心理学的に、自己肯定感を高めるアプローチも、同時に行っていく。

そうすることで、徐々に、自信を取り戻していけるのだ。

私にもできたんだから、きっと、あなたにもできる。

あなたが、自分で自信を取り戻すって決めたら、サポートしたい。

頑張ってるときも、ちょっと疲れて頑張れない時も、あなたに寄り添っていきたいって思ってる。

 

 

50代からをもっと豊かに生きる方法♡In the Pinkの世界を創る!  - にほんブログ村


 



シンシア Astrology Space Cynthia

ホロスコープに描かれているのは、人生の使命と才能です。占星術は、あなたの未来の運勢を、望むものへと変える方法を教えてくれます。

広島県内をはじめ、東京・名古屋・大阪・北海道・仙台・福岡・沖縄・イギリス・アメリカ・マレーシアからも、ご依頼いただいています。