えみさんみたいに、強くなりたいんです。

● えみさんみたいに、強くなりたいんです。

こんにちは。癒しの占星家・EMMY(蛭田えみ)です。

よく、こんな風に言われることがある。

「えみさんみたいに、強くなりたいんです。」

私って、そんなに強そうに見えるのかな?

私は、人生の中で起こった、辛い想いや苦しい経験の意味が知りたくて、占星術にのめり込んだ。

自分の人生を救いたいっていうのが、出発だった。

自分に自信が持てなかったからだし、自分には価値がないと思ていたからだ。

そして、生きていていいのかという、不安に支配されていた。

占星術にのめり込んで学ぶうち、そのスキルや経験が、人のお役に立つようになった。

苦しい経験の真っ最中では、その意味がわからなくて、もがいたし、人生を捨てたいと思ったこともある。

今だって、打撃に強いわけじゃない。

また、昔のように、なってしまうかもしれないという気持ちが、全くないわけじゃない。

何が起こっても、人生に必要なことが起こってると、信じることができるようになった。

そして、何かうまくいかない事・・・病気でも、お金でも、人間関係でも・・・は、自分の道を軌道修正するための、チャンスだって思える。

もちろん、何かが起こった時、すぐにそう考えられるわけじゃない。

だけど、立ち直り方を知ってるし、昔に比べて、立ち直るまでの期間が、短くなっただけだ。

むしろ、どんな経験も瞬時に受容し、いつも前向きでいられるなら、今の仕事はできてないだろうって思う。

だって、苦しい所から、立ち上がることの意味や、必ず変化を起こせるっていう想いが持てないからだ。

例えば、仕事の面でも、いつもいつも、うまくいってるわけじゃない。

トライ&エラーの連続だ。

上手くいかなかったり、コケたように見えないのは、人の目に触れていないほど、コケてるから。

そんな時に限って、体調も不安定になる。

何かを学んだりして、自分をケアすることで、安定した基盤を作りたいと願う。

そして、それを手に入れることができたと思って、安堵することもある。

そんな中、再び、仕事でつまづいたり、体調が悪くなると、「どうして、また、こんな風になるのか」って、落ち込んだこともあった。

それは、一度安定したものは盤石であるべきという思い込みと、それがいいことだと思い込んでいたからだ。

誰だって、発展途上、そして、変わらないものはない。

不安定さだって、私の人生の一部だ。

もし、私を強いって思ってくれている人がいるとしたら、それは、弱さを受け入れて、前に進もうとしている姿なのかな。

そして、アップする写真が元気そうだから?!(笑)

だって、落ち込んでる時って、写真なんて撮らないしね。

不安定さは悪いことじゃないし、いつも、元気で素晴らしい姿でいることが、人生の豊かさじゃない。

辛い時には辛いといえること、でいない時にはできないといえること。

そんな強さを身につけていきたい。

 

応援お願いします♡
PVアクセスランキング にほんブログ村






シンシア Healing Space Cynthia

 

ホロスコープに描かれているのは、人生の使命と才能です。占星術は、あなたの未来の運勢を、望むものへと変える方法を教えてくれます。

星の遺言は、あなたがあなたらしく生きることを、愛をもって伝えてくれます。

広島県内をはじめ、東京・名古屋・大阪・北海道・仙台・福岡・沖縄・イギリス・アメリカ・マレーシアからも、ご依頼いただいています。