2018年、ありがとうございました。

● 2018年、ありがとうございました。

こんにちは。大人のための占星家・蛭田えみ(Emmy)です。

2018年、終わりますね。

皆さんは、どんな年だった?

私は、一言でいうと淀んでた感じ(笑)

2017年の終わりころから、迷走してたかな。

体調も安定しなくて。

もちろん、出かけたりはしてたから、周囲の人からは元気そうに見えてたらしいけど。

調子が悪かったからこそ、いろいろ学んだことがあった。

経験することに、無駄はないよね。

 

10年ぶりの身体の不調

看護師を退職する前年、子宮全摘の手術をした。

医学的に説明すれば、いろんな理由がある。

だけど、身体が病気という反応を起こすのは、考え方も大きく起因しているっていうことを、学び始めたころだ。

女性生殖器の病気は、女性性の否定というテーマがある。

あの頃は、子供を持つ喜びも味わったし、女性としての幸せを満喫してると思ってた。

だけど、そんなに単純なものじゃなかった。

シングルマザーとして、父親代わりもして頑張らないといけないって思ってたこと。

母親から聞かされていた、男に生まれればよかったという言葉。

いろんなものが、複雑に絡み合ってた。

看護師をやめて、自分の好きな仕事を始めた。

だから、もう病気とは縁も切れたんだと思ってた。

手術で幹部を切り取ったことは、根本から原因が消えたわけじゃない。

だけど、誤解してた。

治ってしまったのだと。

10年を経て、再び蓄積したものが、身体の反応として出たのだ。

受け止める子宮という臓器がなくなった分、全身性で。

だから、体にとことん向き合ったし、体と心の関係も、学び直した。

そして、知らず知らずのうちに、考えていること、選択しているものが、自分とかけ離れていたのだ。

そこに気づくことができるまで、数ヶ月の期間が必要だったけど、得るものも大きかった。

そして、秋になって自分がやっていきたいことが、はっきりと見えてきた。

 

占星術的には・・・

今年1年、トランジットの海王星は、私のホロスコープの弱点を直撃。

そして、トランジットの天王星は、12ハウスルーラーの月に対して、45度。

自分のやりたいことに、霧がかかる時期ではあったのかもしれない。

それに加え、人生で本当になし遂げたいことは何かと、突きつけられる時期だ。

だけど、海王星は、混乱から新たな方向性を見せてくれるし、天王星は、身の回りから必要ないものを、一旦そぎ落とすことで、軸が見える。

 

2019年から

来年からも、ホロスコープに向き合い続けたい気持ちは変わらない。

そして、突き落されたように感じる時、辛い経験がやって来る時、その経験が人生にとって、宝物であることを、実感できることを、伝えたい。

それは、持って生まれた星の世界を、素直に表現する言葉の力だ。

言葉はやっぱり魔法だ。

自分の星の世界を生きるために、絶対に使ってほしい。

言葉が変わることで、病気さえも治っていく。

だから、ホロスコープと言葉の魔法で、もっと人生を楽しめる人を増やしたい。

 

今年1年、ブログを読んでくださった皆様、ありがとうございました。

 

 

応援お願いします♡
PVアクセスランキング にほんブログ村






シンシア Healing Space Cynthia

 

ホロスコープに描かれているのは、人生の使命と才能です。占星術は、あなたの未来の運勢を、望むものへと変える方法を教えてくれます。

星の遺言は、あなたがあなたらしく生きることを、愛をもって伝えてくれます。

広島県内をはじめ、東京・名古屋・大阪・北海道・仙台・福岡・沖縄・イギリス・アメリカ・マレーシアからも、ご依頼いただいています。