結婚記念日~物事の初めは、コントロールできないことがある!

● 結婚記念日~物事の初めは、コントロールできないことがある!

こんにちは。癒しの占星家・蛭田えみです。

12月28日は結婚記念日。

そして、今さらながら、こんなに年末だったんだっていう、驚きが!

婚姻届の、証人欄にサインをしたのは、20歳になったばかりの、長男だった。

結婚したのは、2008年の今日。

10年目には、サンタも来た!←教育の結果(笑)

本当は、2009年が、国際天文年だったし、数字並び的にも、1月11日と決めてた。

この日の月が、蟹座なのも、何だか安心できる家庭ができるようで、気にいってたし。

だけど、めったにない、夫の県外での仕事のために、この日に入籍届を出すことは断念。

長男が保証人欄に、サインしてくれた翌日に婚姻届けを提出。

物事の初めは、コントロールできないことがあるのだ。

後に、ここにもっと大きな意味があることを知るんだけど。

その記事はこっち

私たち夫婦は、人生の後半になってから出会った。

当然、一緒に時を刻む時間は、少ない。

だからこそ、今この時を、楽しみたいなと思ってる。

同じ空間で、感じることを、語り合うこと。

時には喧嘩もするけど、そんな些細なことが、宝物なんだって思う。

子供を持つという選択が、初めからなかった私たちは、最初から、ふたりで、今ここを感じるというテーマを、持っていたのかも。

大切な時間を、ゆっくりと、積み上げていきたいな。

 

ホロスコープの大きな違い

入籍予定日と実際の入籍日。

この2週間の違いは、ホロスコープに大きな違いを生んだ。

1月は蟹座の月だけど、12月のこの日は、山羊座の月。

早く動く水星はもちろんのこと、木星までが、12月は山羊座、1月は水瓶座。

夫の会社の一部門として働いてるのも、山羊座過剰のホロスコープである、必要があったんだろうな。

 

コンポジット

私たち夫婦は、出会ってすぐに結婚を決めて、今年で10年め。

よく話すしふたりであちこち出かけるのが好き。

それは、シナストリー(ふたりのホロスコープを重ねること)で見ても、よくわからない。

コンポジット(ふたりのホロスコープを混ぜて、ひとつのホロスコープにする)で見ると、よくわかる。

ASCルーラー金星=太陽/木星。

誠意と愛情が交換される典型的な表示。

しかも、水星=太陽/金星=月/木星=ASC/MC。

これらのミッドポントが、すべてオーブ0度。

出逢いって、本当にご縁なんだなって思う。

ミッドポイントをちょっと整理。

夫とは、出会ってすぐに結婚。

だから、夫との間には、ちょっと運命的なものがあるんじゃないかって思ってる。

「ハーフサム事典」の中に、こんな記載があったので、検証。

夫婦のチャートの比較で、一方のハーフサムに対して他方の感受点のひとつが、真正に一致していることはよく見られる。

夫の太陽=私の太陽/木星(0’00)=月/ASC(0’03)
夫の金星=私の木星/ASC(0’08)
夫の火星=私の海王星/ASC(0’00)
夫の天王星(アセンルーラー)=私の金星/木星(0’01)

私の太陽=夫の木星/冥王星(0’03)
私の土星=夫の水星/冥王星(0’01)
私の天王星=夫の太陽/冥王星(0’03)=月/海王星(0’08)

コンポジットチャートでは
金星(アセンルーラー)=太陽/木星(0’01・ダイレクト)

私の方が恩恵受けてる感じもあるかな(笑)

でも、夫も人生変わった感じするよね、冥王星絡みだから。

 

時期表示(プログレス・ソーラーリターン)

この年、夫の時期表示を見ると、こんな感じ。

プログレスでは、ステーションする天王星がPの5Hカスプに正確に合。

さらに2008年のリターンの5Hには太陽と月が合し、カスプに金星が正確に合という驚異的な5Hの強さだ。

これは、ベタに言うと「大恋愛」の表示。

P太陽とP.ASCがこの年、牡牛座4度で、私のネイタルの金星に合。

一方私は、こんな感じ。

プログレスの土星は、Pの7ハウスカスプに正確に合で、これは夫の太陽の位置。

私の2008年のリターンの5Hには太陽と水星(7ハウスルーラー)が合し、夫と同じようにカスプに金星が正確に合。

鳥肌が立つような星の表示だ。

 

時期表示(トランジット)

さて、結婚した時のホロスコープ。

休日だったので、時間外窓口で、受理された時間。

日にちを決めた段階で、ある程度の星の配置はわかるけど、コントロール外なのは、時間。

区役所で待たされて、提出。

宇宙の采配が素晴らしいって感じたことが、いくつかあった。

このホロスコープの、金星=木星/ASC(ダイレクト・0’00)と、最強。

アセンダントが、夫の太陽と同じ度数で、さらに=月/金星だったこと。

tICが、私の金星/ASC(0’02)上だったこと。

祝福されてるなった思った。

 

出逢いには運命的な要素もあるかもしれない

基本的には、占星術は運命論じゃないと思ってる。

だけど、人生を変えるような出逢いや出来事には、運命論的なものを感じることもある。

持って生まれた星は、その手札でどうやって、望むように生きていくのかというゲームだ。

だから、「変える」ことはできない。

星が大好きな私が、姓名判断での改名に、興味が持てないのは、そのせいかもしれないな。

ものごとの初めは、自分ではコントロールできないことがある。

でも、宇宙的に見れば、素晴らしく美しくコントロールできているのだ。

そこに乗っかりながら、自分が持って生まれた才能を育てていく。

なんか、面白い。

 

 

応援お願いします♡
PVアクセスランキング にほんブログ村





シンシア Healing Space Cynthia

ホロスコープに描かれているのは、人生の使命と才能です。
占星術は、あなたが持って生まれた星を最大限に表現することをサポートします。

広島県内をはじめ、東京・名古屋・大阪・北海道・仙台・福岡・沖縄・イギリス・アメリカ・マレーシアからも、ご依頼いただいています。