白い服と冥王星

● 白い服と冥王星

こんにちは。星の表現者・蛭田えみです。

今、t天王星がアセンダントにスクエアだからか、自分のイメージについて、なんだか考える。

といっても、人からどう見られているのかじゃないんだけど。

振り返ってみると、「白い服」に縁がある。

赤ちゃんの頃は、赤やピンクを着てても「男の子?」って言われるほど、凛々しかったみたいで、いつも全身、真っ白な服を着せられてたらしい。

就職したのは病院。

看護師だったから、ユニフォームは白衣だ。

次男出産後に、復帰した時の写真。

懐かしい~~。

今どきは、ナースキャップもないんだろうけど。

そして、看護師をやめてカラーセラピストとして起業。

カラーボトルを扱うから、セラピストは白い服といわれてたし、特にティーチャーになってからは、連日のセミナーやコンサルで、毎日白い服を着てた。

最近、なぜか白い服を着たいなって思うようになった。

看護師の時もカラーセラピストの時も、自分が選んだというよりは、強制されてた感がある。

だけど、今は自分が選んで白い服を着たいって思う。

そして、白は冥王星と関係してるんじゃないかって、感じるようになった。

2019年に星とめぐる美術で見た、冥王星のイメージの作品。

第一印象は、出産。

赤い血が流れだしているように見えた。

その時は、赤と血液のリンクを大きく感じていたけど、よく見ると、白い服だ。

赤ちゃんが生まれた時の産着は白だ。

そして、お宮参りやお食い初めの時にも、白い服だ。

新しい命が生まれた時、お参りに行く時、白だったなって振り返る。

今時は、もっといろんな選択肢があるのかもしれないけど。

そして、人が亡くなるときも白だ。

お葬式や喪に服すというのは、黒のイメージだ。

だけど、喪服は白だった時代もあるようだ。

そして、亡くなった方は、白装束で旅立つ。

人が生まれる時も、亡くなるときにも、白い服はそこに在るのだ。

そして、死と再生を考える時、冥王星をイメージする。

冥王星は、伝統的には暗赤色などで、表されることが多いけど、白も冥王星っぽいって、強く感じたのだ。

少なくとも、私の中では繰り返してきた、白の歴史は喪失の体験とリンクしていて、とても冥王星っぽい。

そして、今年のお誕生日を過ぎてからの写真。

形がかわいくて一目ぼれしたワンピース。

いろんな色で、自分を表現してみたいと思ってた。

だけど、その原点は、白だったのかもしれない。

おまけで結婚式

応援お願いします♡
PVアクセスランキング にほんブログ村





スケージュールはこちらから確認!


Healing Space Cynthia シンシア

ホロスコープに描かれているのは、人生の使命と才能です。
占星術は、あなたが持って生まれた星を最大限に表現することをサポートします。

広島県内をはじめ、東京・名古屋・大阪・北海道・仙台・福岡・沖縄・イギリス・アメリカ・マレーシアからも、ご依頼いただいています。