被災地にヒーリングを送っても、現実は変わらない!

LINEで送る
Pocket

● 被災地にヒーリングを送っても、現実は変わらない!

こんにちは。蛭田えみ(Emmy)です。

災害が起きると、こんな投稿をよく見かける。

「ヒーリングを送ります~愛愛愛愛愛」

で、何か変わった?

そして、それを、SNSでアピール。

現実的な支援してる人は、アピールなんてしてない人が多いし、その日だけじゃなくて、継続的に行ってる。

ヒーラーである友人が、熊本で被災した時、こんなこと言ってた。

「ヒーリング送るなら、水送れ!」

だからといって、ヒーリングを全否定してるわけじゃない。

大前提として、受け取る側の準備が何もない時って、意味はないと思ってる。

それでも、現実を変えるほどの力があるなら、見てみたい。

そして、こんな時に真っ先に思い出すのが、マズローだ。

みんな知ってるほど、メジャーなんだと思ってたけど、一般的にはそうでもないのかな?

看護師の間ではみんな知ってること・・・だと思う。

ヒーリングを受けたいって、自ら望む人は、ヒーリングによって何かを癒して、もっと豊かな人生をって考えてるんじゃないかな?

少なくとも、生命を維持したいレベルじゃないと思う。

生理的欲求とか安全の欲求は満たされてて、その次って時は、ヒーリングは有効なのかもしれない。

でも、被災地で必要されるのは、生理的欲求と安全の欲求だ。

このサポートが不可欠。

だから、ここのサポートができる行動をとる必要があるんじゃないかな。

お金を送ること、普段通りの生活をして経済を回すこと。

要請されてない限りは、勝手に足を踏み入れないことも必要かも。

間違っても、そこに乗っかって、被災地支援セミナーとか開催して、「セミナー代の一部を被災地に送ります。」とかしないことだ。

一部って何だよ!

生理的欲求とか安全の欲求が最優先だ。

冒頭のヒーラーの友人の発言「ヒーリング送るなら、水送れ!」なのだ。

もちろん、こんな時占星術は直接的には役に立たない。

だけど、経済を回すっていう、通常の生活をするために、今日もホロスコープを眺めてる。

 

2018年 4つの夏企画!

簡単占星術2時間講座@広島

 

 

 

 

4月23日年生まれ、太陽牡牛座、月山羊座、アセンダント獅子座。
北は北海道から、南は沖縄まで、鑑定人数8000人の旅する占星家。
多くの人に占星術の素晴らしさを伝えたいと思い、無料で学べるメルマガや動画を配信中。占星術講座では、終了後の無料サポートが人気。  詳しくはこちら

LINEで送る
Pocket