念願のひとり暮らし!快適な生活を作る母親とのかかわりかた

LINEで送る
Pocket

● 念願のひとり暮らし!快適な生活を作る母親とのかかわりかた

こんにちは。蛭田えみです。

念願のひとり暮らし!でも、母親の干渉がうっとおしいって思っていませんか?

母親からの過剰な干渉、それを解決したくて、ひとり暮らしの選択をしたのに、以前と変わらないっていうご相談、実は多いんです。

母親の干渉から逃れたいといいながら、依存している自分もいる。

あなたにとって快適なひとり暮らしができるかどうかは、母親との関わり方にかかっています。

今日は、そのヒントをお伝えしますね。

慣れない家事や、通勤経路が変わることで、最初は戸惑う。

そこに、母親からの甘い誘惑がやってきたら、どうでしょう?

つい、甘えてしまいそうになるのではないでしょうか。

これでは、実家にいるのと変わらないんですね。

つまり、あなた自身が、母親の干渉を受け入れているということ。

例えば、こんな風に。

・ご飯食べにおいで。
・合いカギを渡してくれたら、掃除くらいしてあげるよ。
・食料品の買い物しといてあげようか。

私の弟がひとり暮らしを始めた時が、こんな状態でした。

結局、「少し遠い自分の部屋」がある状態になってしまい、あっという間に、ひとり暮らしは終わってしまいました。

ひとり暮らしを成功させて、母親との距離を取りたいと思うなら、母親の力を借りずに、3ヶ月を過ごしましょう。

日常の生活を自分でやると決めてください。

合いカギを渡してはいけません。

生活のリズムを、自分で作り上げることで、快適なひとり暮らし生活が、始まります。

それでも、大丈夫かなと不安になったら、ホロスコープ(生まれ持った星の力)であなたと母親との関係を、見つめてみませんか?

どんなふうに関係を築けばいいのかが、わかります。

例えば、母親が、自分の人生の代理を、あなたに求めているホロスコープなら、とりあえず、距離を置くこと。

母親の期待は、裏切ってもいいんです。

母親の人生観に大きく影響を受けているホロスコープなら、

母親は、いつも正しいって思ってる可能性がある。

だから、母親に何か言われると、無意識に自分が間違っているかもと思ってしまう。

どちらが正しいかではなく、あなたはどうしたいのかが大切です。

あなたが、自分の人生を決めていいんです。

いい関係を築くには、母親の期待にこたえることをやめ、自分で決断することですね。

 

4月23日年生まれ、太陽牡牛座、月山羊座、アセンダント獅子座。
北は北海道から、南は沖縄まで、鑑定人数8000人の旅する占星家。
多くの人に占星術の素晴らしさを伝えたいと思い、無料で学べるメルマガや動画を配信中。占星術講座では、終了後の無料サポートが人気。  詳しくはこちら

LINEで送る
Pocket