子供のころ言われた一言が大きい!!実感するけど、母としての私はどうだろう?

 ★1月の個人コンサル:12月23日お申し込み開始

*詳細はこちら
*初めての方はこちらもお読みください。


● 子供のころ言われた一言が大きい!!実感するけど、母としての私はどうだろう?

こんにちは。蛭田えみ(Emmy)です。

先日のメルマガに、同じようなご質問や、ご感想を頂いたので、私の考えを、書いてみようかな。

「子供の頃の、親の言葉で、自分にラベルを付けてしまったっていう気づきは、私も子供にラベルを付けているのかもっていう、不安につながる。」

たぶん、多くの人が、ここに反応してくれたように思う。

自分と親との関係を振り返って、親に○○って言われ続けて、自分でもそう思い込んでたっていうことに、気づく。

自分が母親である人にとっては、私も子供に同じことをしてるのではないかっていう、不安につながることがある。

「えみーさんみたいに考えられたら、私も、いい子育てができるのに」って言ってもらう事もあるけど、それは違う。

私は、シングルマザーで、3交代で働いていたので、子供たちには、寄り添えなかったかも。

実際、下の子はよく病気をしてて、「お母さんが看護婦さんだからいいよね。」って、言われてた。

下の子の答えはこう。

「お母さんは、オレの看護婦さんじゃなくて、病院の看護婦さん。」

当時は、風邪くらいなら、病児保育園に預けて、仕事に行ってた。

もちろん、子供たちは、これ以上ない宝物だし愛してるけど、日々の忙しさで、精一杯だったことも事実。

息子たちは、多くの葛藤とか、きっと持っているはず。

私自身が、欲しい愛情と与えられたものが違ったように、子供たちも、何らかのハードルを手にしたはず。

それを乗り越えるのは、彼ら自身だし、その力があると信じること。

そばに寄り添っていくのは、母親ではなく、パートナーや友達だ。

もちろん、子供が成長した後、あの時はこんな風に思ってたんだよ~って、伝えるのは、ありだなって思う。

うちの息子たちは、もう30歳近いので、時々飲みに行く。

その時に、子供の頃の話になることがある。

私が、「もっと、○○すれば良かった。」って、ずっと思ってることと、息子たちが、「○○の時は、しんどかった」っていうことが、全く違ったりする。

お互いがこだわっていることは、覚えてもいなかったり。

だから、ハードルっていうのは、自分で越えていくしかないんだなって思う。

たとえ、あなたの子供が、「不本意なラベルを張られた。」って思ったとしても、あなたが、愛情をもって接していけば、そのラベルを自分で剥がすことができる子に、成長すると思うな。

っていうか、母親としては、そう信じたい。

簡単占星術2時間講座

占星術って面白そう!
2時間講座で、楽しく学びませんか?

【2月25日:お申し込み開始】

↓↓↓今すぐ内容を見てみる↓↓↓




あなたの星の世界を思いっきり生きる!

人生が変わる星の世界24ステップ

ー 24日間無料メール講座 ー

【無料公開】

↓↓↓今すぐ内容を見てみる↓↓↓

Emmyのスケジュール情報

【1/28】 2019年県外コンサル【大阪】 1/29追加開催決定
【2/16】 トランプ大会&ランチ会 お申し込み受付中!
【3/21】 簡単占星術2時間講座 2/25お申し込み開始


占星術スペース シンシア

ホロスコープに描かれているのは、人生の使命と才能です。占星術は、あなたの未来の運勢を、望むものへと変える方法を教えてくれます。

広島県内をはじめ、東京・名古屋・大阪・北海道・仙台・福岡・沖縄・イギリス・アメリカ・マレーシアからも、ご依頼いただいています。