本人が「悩み」というなら、それは悩みだ。

LINEで送る
Pocket

● 本人が「悩み」というなら、それは悩みだ。

こんにちは。蛭田えみ(Emmy)です。

あなたは、悩みってある?

今夜のおかず何にしようっていうレベルから、死ぬか生きるかみたいなことまで、悩みって言われることの幅って広い。

サロンの仕事を始めたころ、こんなことが悩みなの?っていうものが多かった。

安価でコンサルしてたのもあって、気軽に相談したのかもしれないけど。

私にとっては、親が希望の大学に行かせてくれなかったとか、旦那が出張ばかりで家にないとかって、贅沢な悩みだって思ってた。

もっと世間知った方がいいんじゃない??って。

でも、そうじゃない。

悩みは、本人が悩みだと思った時点で、悩みであって、そこに大きいちか小さいとかないんだ。

それを思い出させてくれたのは、ある人との再会だった。

彼女は、私が新人の頃に担当していた患者さんの奥さん。

担当の患者さんは、ターミナルで痛みが強かった。

今ほどペインコントロールも進んでなくて、数時間おきの痛み止めの指示があるだけだった。

ある時、まだ痛み止めから時間もたっていなくて、どうしようもなくて、ドクターに相談したことがあった。

その時、「まだ前の痛み止めが聴いてる時間だから」と言われて、新しい指示は出なかった。

そのまま患者さんに伝えた私に、彼はこういった。

「患者が痛いといったら、痛いんだなと思える看護婦にならんとダメだ。」

痛みは、外から測れるもんじゃない。

まだ痛くないはずとか、そういう考え方は、間違いだ。

そんな話をしてた時、悩みも同じなんじゃないかと思った。

その人が、悩んで辛いと思うなら、それを解決する方向性を、一緒に考えていけることが、コンサルをする価値なんじゃないかと。

もちろん、私が解決するわけじゃない。

お客さま自ら、悩みだと思っていたものの見方を変えていかないと、解決には至らない。

親が希望の大学に行かせてくれなかったって言ってる人に、高校もいけない人だっているっていったり、旦那が出張ばかりで家にないっていう人に、シングルマザーはもっと大変っていっても、意味がないのだ。

サロンオープン後すぐに、このことに気づけたことは、本当に大きかったと思ってる。

だから、旦那さんの年収数千万、8LDKの豪邸に住んでる人が、「お金がなくて辛い」っていう相談に来ても、寄り添うことができたんだろうなって思う。

抱えている悩みを、どのように解決するのか。

見方を変えること、その状況から抜け出すこと、いろいろある。

だけど、その人にとってサポートになることじゃなければ、コンサルの意味はないんだって思う。

簡単占星術2時間講座@大阪

6月スタート占星術入門講座

 

4月23日年生まれ、太陽牡牛座、月山羊座、アセンダント獅子座。
北は北海道から、南は沖縄まで、鑑定人数8000人の旅する占星家。
多くの人に占星術の素晴らしさを伝えたいと思い、無料で学べるメルマガや動画を配信中。占星術講座では、終了後の無料サポートが人気。  詳しくはこちら

LINEで送る
Pocket