例え手放したとしても、その経験から得たものは財産だ。

LINEで送る
Pocket

● 例え手放したとしても、その経験から得たものは財産だ。

こんにちは。蛭田えみ(Emmy)です。

一旦始めたことを手放す時、必ず言われる言葉がある。

「もったいない」

でも、果たしてそうだろうか?

何かを手放すことは、経験したこと全てが、なかったことになるわけじゃない。

そこから得たものは、今の自分をつくる礎のひとつになっているし、形を変えて、シチュエーションを変えて、活用していることがある。

 

看護師をやめた時

20年間勤務した病院をやめる時、もったいないって言われた。

それもわかる。

総合病院の役職だったので、収入も安定してたわけだから当然だ。

今は、看護師としてのライセンスで働いてるわけじゃないけど、看護師の時の経験が役立ってることも多い。

それは、国家資格があるってことじゃない。

小児科で働いてた7年間、看護学校に講義に行ってた。

教科書は、わざわざわかりにくく書いてるのかと思うほど難解だったから、もっとわかりやすくしたかった。

専門用語を、わかりやすく解説すること。

イメージがわくようなイラストを描くこと。

この時に、ワードで絵を描くことを始めたと思う。

試行錯誤して作ったテキストやイラストは、今、占星術のテキストを作るのに役立ってる。

そして・・・トリオン座のイラストもできた。

 

オーラソーマをやめた時

オーラソーマをやめる時も、もったいないって言われた。

ティーチャーになるには、受けなければいけないセミナーも多かったし、何度も海外に行った。

かなりのお金も、時間もかかってる。

だけど、オーラソーマを学ぶ経験は、寒いのが苦手な私が、冬のイギリスを経験する機会をくれた。

クリスマスシーズンだったからこその、占星術との出会いもあった。

そして、数は少ないけど本当の友達ができた。

オーラソーマを通して学んだ、タロットのイコンの意味や、チャクラ、生命の樹、数秘などは、占星術にも大きく役立ってる。

 

経験にムダはない

自分が選択してやってきたことは、人生を作ってるものだ。

だから、例えそれを手放したとしても、得たものは変わらない。

その時代の自分を否定し続けない限り。

4月23日年生まれ、太陽牡牛座、月山羊座、アセンダント獅子座。
北は北海道から、南は沖縄まで、鑑定人数8000人の旅する占星家。
多くの人に占星術の素晴らしさを伝えたいと思い、無料で学べるメルマガや動画を配信中。占星術講座では、終了後の無料サポートが人気。  詳しくはこちら

LINEで送る
Pocket