占星家にできること

占星術って、本当に面白くて、奥が深い。

好きになった人にしか、わからない感覚だけど。

こんにちは。星の表現者・蛭田えみです。

最近、占星家にできることって、何だろうって、考える。

未来を予言することでも、人生を言い当てることでもないのは確か。

ホロスコープの表示には、素晴らしいものが沢山ある。
 
だけど、クライアントさんが、「それは違う」って思ったら、その力は発揮されない。

どんなものを持っているのかより、持っているものを肯定して受け取れるかどうかだ。

だとしたら、その素晴らしい宝物を、ちゃんと見ることができるように、自分と対話する場を作ること。

それが、最も重要なんじゃないかと思う。

ひとつの星の象徴には、無限の現実がある。

何を選び、どう使うのかは、自分次第だ。

そして、占星家は、出生図が表す可能性を、限定しないこと、諦めないことだ。

たとえ、クライアント自身が否定しても。

そして、トランジットやセカンダリー、ソーラーアークが表す時期表示に、何を経験したのか。

それは、どのような記憶となって、蓄積されているのか。

そこを紐解き、出生図の可能性を、使えるようにすること。

多分、多くのことはできない。

クライアントさんが、自分の星と対話できるよう、心の中にも、実際の場としても、スペースをもたらすことって思う。

どんな手法であったとしても。

じゃ、なぜ占星術なんだろ?

これは、考えて文字にすればするほど、後付けになる。

大好きだし、素晴らしいと思うからかな。

だから、占星術なんて意味がないって言われても、私にとっては、人生を支えるほどの意味がある。

人は、誰かに言われたことより、自分で納得して、選択したものには支えられる。

こうありたいという希望も、見えてくるからだ。

だけど、誰かに言われたからって、行動する根底には、ちゃんとしないと、悪いことが起こるっていうような、思いもある。

怖いものから逃れるための行動は、心身を蝕む。

寿命は決まっているのか、自分の行動で決まるのか、確信を持って、こっちだとは言えない。

わからないんなら、今を生きることに、心を注ぐしかないんだよね。

怖いこともある、不安になることもある。

だけど、そんな時に、「自分であること」が、拠り所になるなら、素敵だ。

そんな風に、自分を受け入れられるような、対話をするスペースをもたらす、占星家に、なりたい。

もちろん、私自身も、共に成長していきたい。

 

 

応援お願いします♡
PVアクセスランキング にほんブログ村





シンシア Healing Space Cynthia

ホロスコープに描かれているのは、人生の使命と才能です。
占星術は、あなたが持って生まれた星を最大限に表現することをサポートします。

広島県内をはじめ、東京・名古屋・大阪・北海道・仙台・福岡・沖縄・イギリス・アメリカ・マレーシアからも、ご依頼いただいています。