弟の入院とホロスコープ

8月10日~18日 サロンでのコンサルはお休み。グランビア広島かZOOMで。


● 弟の入院とホロスコープ

こんにちは。大人の占星術:旅する占星家・Emmy(蛭田えみ)です。

先日、弟が入院した。

弟の説明によると、扁桃周囲膿瘍っぽい感じだった。

抗生剤の点滴で炎症が引かないため、CT下で穿刺したらしい。

普通にお見舞いに行ったけど、帰ったら、まずすることは、ホロスコープ作ること(笑)

弟は、アセンダントが牡牛座で、ルーラーの金星は、蠍座で海王星と重なってる。

アセンダントには、ハードアスペクトはない。

8ハウスカスプと12ハウスルーラーの火星が90度。

月は3ハウス蟹座で、土星と太陽から90度。

体に表れやすいのは、喉(牡牛座・3ハウス)、肝臓(8ハウスカスプ)、胃(蟹座)、消化管の管(蠍座)あたりが、ベタなところ。

だから、喉の症状(牡牛座・金星)と、ゆっくりと経過していった炎症(火星・海王星)は、ぴったりだ。

そして、時期表示をみると・・・

出生図で、火星/天王星=木星・冥王星(乙女座23度)を持ってるけど、そこに、tヒュゲイアが120度。

火星/天王星は、手術を意味するけど、120度だったからか、穿刺のみで、手術にはならなかった。

また、ソーラーアークのヒュゲイアとトランジットのヒュゲイアは、ネイタルの金星に180度。

これが、引き金なんだろうか?

出生図の金星は、アセンダントルーラーで、7ハウスにあるから、人間関係の問題を抱えていたと考えられる。

金星は6ハウスルーラーでもあるため、サラリーマンの弟にとっては、職場の人間関係でのテーマが、解決されないまま、あるんじゃないかって思う。

でも、占星術の検証のためって言っても、絶対にはぐらかされるから、聞かなかったけど。

 

 



あなたの星の世界を思いっきり生きる!

人生が変わる星の世界24ステップ

ー 24日間無料メール講座 ー

【無料公開】

↓↓↓今すぐ内容を見てみる↓↓↓

Emmyのスケジュール情報

【夏企画】 あなたが地球に来た理由~魂のホロスコープを読み解く 
【9/8-9】 占星術個人コンサル@長崎 
【9/29】 占星術個人コンサル@奈良 


占星術スペース シンシア

ホロスコープに描かれているのは、人生の使命と才能です。占星術は、あなたの未来の運勢を、望むものへと変える方法を教えてくれます。

広島県内をはじめ、東京・名古屋・大阪・北海道・仙台・福岡・沖縄・イギリス・アメリカ・マレーシアからも、ご依頼いただいています。