真面目さ、几帳面さで、自分自身を苦しめる~大腸がんと女性星座

占星術入門講座9月開催


● 真面目さ、几帳面さで、自分自身を苦しめる~大腸がんと女性星座

こんにちは。大人のための占星家・Emmy(蛭田えみ)です。

12星座の中で、女性星座は、消化器系と深くかかわってる。

そして、食事に関してこだわりを持ってる人も多いけど、健康的な食生活をしているにも関わらず、病気になっている人が多いのだ。

*まず言っておきますが、「○○な配置だから、特定の疾患になる」ということではない。

病気が起こった時に、どんな星の影響があるのかを考えることで、どんな心理的な問題があるのかを、読み解いていく。

病気は、最終警告なので、その前にも、さまざまなテーマが与えられる。

女性星座は、牡牛座・蟹座・乙女座・蠍座・山羊座・魚座で、消化器系と関わっているとされる。

中でも、牡牛座から蠍座までは、実際の消化吸収に、最も関連が深い。

咀嚼や嚥下を司る牡牛座は、消化の始まりといえる。

そして意を司る蟹座へと流れていく。

さらに、乙女座が司る小腸、蠍座が司る大腸・肛門へと進む。

臓器の機能や働きは、それぞれ、心理的な作用を持っている。

牡牛座は、人生の喜びを味わうことの象徴であり、蟹座は、新しい経験や、自分の身に起こったことを文字通り、消化しようとする働きだ。

乙女座は、蟹座で大雑把に吸収したことを、さらに細分化して整理し、必要なものだけを、自分の叡智として、取り込んでいく。

そして、最後に蠍座で、必要がないものを手放して、ひとつの終わりを作るのだ。

この星座の心理的な働きは、そのまま臓器の働きとリンクする。

病気は、心理的なメッセージを含んでいると捉え、そこを修正していく必要があるのだ。

今回お越しくださったAさん。

ご本人の承諾の範囲なので、詳しくはかけないのですが・・・。

女性星座、特に牡牛座から蠍座までの間に、8天体が集中していた。

太陽は、12ハウスルーラーの火星とスクエアで、太陽も火星も、土星とインコンジャクト。

細かいことが気になり、完璧でなくてはいけないという思いと、そうできない自分に対する怒りにも似た感情。

社会的に正しくありたいという思い。

そのような気持ちは、人からの評価や常識に捉われやすく、自分を傷つけやすい。

そして、きちんとしている自分像を、手放すことができないのだ。

月は、6ハウスルーラーの金星とセミスクエアだ。

ここでも、消化器系への負担が考えられる。

また、ホロスコープのハウス配置から、自分の思いより、知識過剰になっていることや、神経過敏になっていることが、考えられる。

彼女に限らずだけど、手放すことが下手な人が良く使う言葉がある。

「わかってはいるんですけどね」

わかっていることと、できていること、日常にしみこませていることとは別だ。

Aさんは、手術の予定を控えているけど、治療を前向けに受けられ、考え方を変えるためのワークにも、取り組んでいる。

体を治療するには、心も同時に治療していく必要があると、改めて感じる。

*通常のコンサルでは、お客さまと話しながら、テーマを見つめていくことが原則。

そして、ホロスコープからの心理的アプローチだけでなく、西洋医学などの選択も必要だと考える。

なので、あくまで推測で、かなり大雑把なので、「ホンマでっか?」という感じでお読みくださいね。



あなたの星の世界を思いっきり生きる!

人生が変わる星の世界24ステップ

ー 24日間無料メール講座 ー

【無料公開】

↓↓↓今すぐ内容を見てみる↓↓↓

Emmyのスケジュール情報

【募集中】 占星術入門通信講座 
【09/09】 長崎:占星術個人コンサル
【10/09】 益田:占星術個人コンサル
【10/14】 奈良:占星術個人コンサル
【10/19】 大阪:占星術個人コンサル


占星術スペース シンシア

ホロスコープに描かれているのは、人生の使命と才能です。占星術は、あなたの未来の運勢を、望むものへと変える方法を教えてくれます。

広島県内をはじめ、東京・名古屋・大阪・北海道・仙台・福岡・沖縄・イギリス・アメリカ・マレーシアからも、ご依頼いただいています。