ある日突然、ホロスコープが浮き上がってきた!

LINEで送る
Pocket

● ある日突然、ホロスコープが浮き上がってきた!

こんにちは。蛭田えみ(Emmy)です。

時々、ホロスコープをどこから読んでるのかって、質問をもらう。

最初の頃は、自分なりの決まりをつくって読んでた。

太陽と月とアセンダント見て・・・みたいな。

自分なりの手順を持っておくことは、いいことだって思うし、今でも、そんなに変わらないかな。

大きく変わったのは、ホロスコープを読み始める前。

目の前にホロスコープ置いて、とにかくじ~っと眺める。

あまり、左脳を働かせないようにして、とにかくボ~っと。

すると、ホロスコープが、立体的に見える(感じる)瞬間があって、そこから一気に読み解いていく。

「太陽が射手座だから、こんな性格かな」みたいなことは全く思わなくて、「この人生の試練を、どんな風に乗り越えてきたんだろう」ってことに、興味がわく。

そして、それをお客さまと、語り合いたいなって思う。

ホロスコープは、人生をもっと満足して生きるための道具だ。

だから、今までの歴史を大切にしながら、どのように未来に向かっていくのか、そこが大切だと思ってる。

占いに振り回されたくないっていう人は、運命論みたいに決めつけられるのが嫌なのだ。

だから反発する。

占星術は、運命論じゃない。

だから、自分がホロスコープを通して見えてきたものを、どういう風に伝えるのかって方が、難しいって感じてる。

ホロスコープって、宇宙のエネルギーだなって思って、向き合ってると、1枚の紙の中に宇宙が見えるのだ。

だから、それを言葉にする術を、学んでいきたいんだって思う。

ホロスコープが立体に見えるっていうのは、私自身不思議なことだ。

思い込みかもしれないし、みんなそうなのかもしれないけどね。

 

2018年 4つの夏企画!

簡単占星術2時間講座@広島

 

4月23日年生まれ、太陽牡牛座、月山羊座、アセンダント獅子座。
北は北海道から、南は沖縄まで、鑑定人数8000人の旅する占星家。
多くの人に占星術の素晴らしさを伝えたいと思い、無料で学べるメルマガや動画を配信中。占星術講座では、終了後の無料サポートが人気。  詳しくはこちら

LINEで送る
Pocket