28回目の父の命日

● 28回目の父の命日

こんにちは。大人の占星術:癒しの占星家・EMMY(蛭田えみ)です。

名古屋出張から帰ってから、ずっと熱が出て寝込んでた。

ボーっとした頭で、熱は怒りの表現か~?、肝臓か~?なんて、考えようと思わないのに、めぐる考え。

でも、熱のせいで考えはまとまらず、寝たり起きたりの中で、グルグル回ってるだけ。

そして、熱が下がった今朝、気づいた。

父の命日だ。

父と一緒に暮らしたのは、たったの4年。

その後も、数回会ったったことがある程度。

亡くなったのも、弁護士さんが、財産放棄の書類持ってきて、知ったくらいだ。

だから、私の人生の中で、そんなに重要じゃない感じがしてた。

でも、思い出さなきゃいけなかったんだ。

確かに、ホロスコープを見ると、関わりは強い。

ま、親子に生まれたんだから、そうだよね。

父の木星-天王星-冥王星のタイトなTスクエアは、私のノーアスの月を巻き込んで、綺麗なグランドクロスになる。

若いころは、これが邪魔してるんじゃないかって思ったけど、この大きな力が、守ってくれてるんじゃないかって、思うようになった。

今日のトランジット。

火星は天秤座23度で、私の月にスクエア。

火星は、4ハウスのサブルーラー。

結局、何のまとまりもなかったけど、お花を買って、お線香でもあげようか。

あ、冒頭の怒りと肝臓。

父親は、肝臓がんだったんだよね。

そして、ちょうど父が亡くなった頃、肝臓内科に勤務してて、日々、肝臓がんの患者さんと接してたな、なんて。

小さい息子たち抱えて、忙しくしてた頃だから、父のことを思い出すことも、無かったんだけど。

でも、改めてホロスコープ重ねてみると、やっぱり縁が深いんだなって思うし、未知の自分を知ることになるなって思う。

過去を知るって、きっと未来を知ること。

だから、人は、過去の出来事の意味を知ることで、未来に想いを馳せる。

星のつながりや、流れって、素晴らしいなと思う。

だから、星を語って、星を眺めて、星の世界の住人になれるような人生、選びたいんだと思う。

職業として、お金を得る手段としての占星術でもなく、趣味や楽しみ事としての占星術でもなく、生き方としての占星術。

そんな風に生きられたら、きっと見える世界は、違うんだと思う。

 

応援お願いします♡
PVアクセスランキング にほんブログ村






シンシア Healing Space Cynthia

 

ホロスコープに描かれているのは、人生の使命と才能です。占星術は、あなたの未来の運勢を、望むものへと変える方法を教えてくれます。

星の遺言は、あなたがあなたらしく生きることを、愛をもって伝えてくれます。

広島県内をはじめ、東京・名古屋・大阪・北海道・仙台・福岡・沖縄・イギリス・アメリカ・マレーシアからも、ご依頼いただいています。