星の遺言は、ここから始まっていたのかもしれない。

● 星の遺言は、ここから始まっていたのかもしれない。

こんにちは。癒しの占星家・蛭田えみ(EMMY)です。

2019年、父が亡くなってから28年めだった。

それまで、父の命日なんて、思い出すこともなかったくらいだ。

でも、もしかしたら、星の遺言は、ここから始まっていたのかもしれない。

両親は、そろって、2月1日生まれ。

そして、命日も、11月10日と1月11日っていう、数字のシンクロ。

亡くなった日のホロスコープから、星の遺言を紐解いてみたい。

28回目の父の命日

父が亡くなったのは、1991年、私が26歳の時。

 

父が亡くなった日のホロスコープ

この年、私はふたりの息子を連れて離婚。

26歳だった私は、この子たちを守るんだっていう、使命感みたいなものに駆られていた。

父の死も、弁護士さんを通して知るというような関係性だったから、その死の意味を、考えた事もなかった。

ただ、私たちは、父から愛されてたのかもしれないなって、漠然と思った覚えがある。

アセンダント上のキロンは、私が、私として生きることで、人生に癒しが訪れるって、伝えてくれているよう。

でも、あの頃は、そんなメッセージを受け取れなかった。

そして、MCにスクエアの土星は、これから仕事や社会の中でやって来る、試練に対して、ちゃんと向き合うようにって言ってくれてるよう。

そして、この土星は、私のノード軸に対して、45度&135度。

ますます、この土星の意味が、フォーカスされる。

実際、この頃から、仕事も本格的に復帰した。

妊娠・出産が続いた私は、看護師として一人前になる前に、産休を繰り返してたから。

また、天王星の上には、木星が重なってて、亡くなった時の月は射手座だ。

肝臓がんだった父は、木星に関するメッセージを、強く残したかったんだろう。

*肝臓は木星が支配、木星は射手座の支配星

自分の人生観を、自分で築いていくこと。

父の28回目の命日を超えて、こんなメッセージを受け取った。

 

父の一生を表すホロスコープ

こちらでは、ディセンダントの上に、土星か重なってる。

ここから始まる、人間関係の試練と、そのプロセスの中で、手に入れることができた恩恵を、表してるようだ。

私のホロスコープの土星に対して、海王星が120度、そして、8ハウスの入り口には、天王星。

死を通して、多くの学びがあるって言われるようだし、太陽と月のミッドポイントである土星に対する強い影響は、それが、ライフワークになり得ることを伝えてる。

驚くことに、このホロスコープには、父との関係性や、父の生き方を彷彿とさせるような、強い表示があった。

 

星の遺言を受け取る

父が亡くなった頃、子育てと仕事で忙しくて、占星術からも遠ざかっていた。

だから、亡くなった日のホロスコープを作ってみることさえ、しなかった。

28年の時を超えて、メッセージを感じることは、今から何をやっていくのかではなく、今までやって来たことに対する、恩恵が込められているようだ。

 

星の遺言~大切な人を亡くしたあなたへ

応援お願いします♡
PVアクセスランキング にほんブログ村






シンシア Healing Space Cynthia

 

ホロスコープに描かれているのは、人生の使命と才能です。占星術は、あなたの未来の運勢を、望むものへと変える方法を教えてくれます。

星の遺言は、あなたがあなたらしく生きることを、愛をもって伝えてくれます。

広島県内をはじめ、東京・名古屋・大阪・北海道・仙台・福岡・沖縄・イギリス・アメリカ・マレーシアからも、ご依頼いただいています。