ホロスコープの、十字のラインって、ホントにすごい!

LINEで送る
Pocket

● ホロスコープの、十字のラインって、ホントにすごい!

こんにちは。蛭田えみ(Emmy)です。

ホロスコープで扱う天体は、太陽・月・水星・金星・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星の10天体が基本。

それ以外にも、キロンやノード軸もよく使う。

そして、アセンダント・MC・ディセンダント・ICと呼ばれる、十字のラインがある。

人生の大きな変化には、この十字のラインが関わっていることが多いのだ。

例えば、二男には、生まれた病院が一緒で、約6時間違いで生まれた、幼馴染がいる。

出生地も同じで、6時間違いなので、天体の配置はほとんど同じ。

ちなみに、月星座も同じだ。

つまり、すべての天体の星座は、度数までほぼ同じ。

このふたりのホロスコープで、大きく違うのが、天体がどのハウスにあるのか。

天体のハウスが違うという事は、十字のラインが、全く違うという事だ。

二男のホロスコープでは、アセンダント上に、土星が乗ってる。

出生時の困難さを、表していることは明らかだ。

二男が生後2カ月の時に、離婚したので、その様子がよくわかる。

いっぽう、6時間早く生まれたK君は、海王星がICの1度手前。

つまり、1歳のときに、海王星がちょうど、ICと重なる。

ちょうど1歳頃、K君の母親は、いなくなってしまったのだ。

もちろん、必ず、上記のような出来事として起こるわけではない。

でも、ホロスコープの十字のラインは、私たちが意志をもって何かを決定する前から、大きな影響を、もたらすのだ。

4月23日年生まれ、太陽牡牛座、月山羊座、アセンダント獅子座。
北は北海道から、南は沖縄まで、鑑定人数8000人の旅する占星家。
多くの人に占星術の素晴らしさを伝えたいと思い、無料で学べるメルマガや動画を配信中。占星術講座では、終了後の無料サポートが人気。  詳しくはこちら

LINEで送る
Pocket

6月10日(日)簡単占星術2時間講座@大阪

占星術に興味はあるけど、難しそうって思ったことはありませんか?

本を買って読んでみたけど、よくわからないって思ったことはありませんか?

何かを始めて学ぶとき、自分だけのやり方では、限界があります。

あなたの理解度が足りないのではなく、学び方に工夫が必要なんです。