占星家の1年の目標の決め方

LINEで送る
Pocket

● 占星家の1年の目標の決め方

こんにちは。蛭田えみです。

4月に入って、新年度も始まりましたね。

この時期って、「目標」を立てる人も、多いんじゃないかな。

私は4月生まれだから、この時期になんとなく目標的なものをイメージする。

占星家の目標の立て方は、普通とは違う!

社会人なら、今年は3年だから、○○・・・みたいに立てるかも。

占星家は、まず1年の星の動きを見ることから始まる。

2017年は、私にとっては、基盤が揺れるような時期で、体調も不安定だろうって感じだった。

そして、自分を表現することについてのテーマもあった。

これでいいのかなって、混乱する時期。

だから、出張を詰め込まないこととや、新しい人と多く出会って、自分の在り方や表現の仕方に、刺激を得るって思ってた。

実際、体調が不安定なことが多かったから、ゆっくりスケジュールは、ホントによかった。

お誕生日からの1年を知ることで、最大限に自分の力を発揮することができるよ。

お誕生日月の個人コンサルは、30分の無料フォロー付き。

4月の個人コンサルは、残席1名さま(新規の方)

ここからは、マニアック記事

まずは、リターンチャートの3ハウスの太陽。

物事の考え方に、変化を起こすというテーマがある。

変化を起こそうと思ったら、今までとは違う選択や経験が必要になる。

そして、リターンのアセンダントは出生図の7ハウス。

対人関係を通して、自分が成長する時期だ。

なので、新しい人とたくさん出会い、刺激を受けるっていうことが目標のひとつになった。

アセンダント支配星は、出生図の月(12ハウスルーラー)に対して、正確な90度。

この月は、火星・天王星と135度。

ケガや手術をイメージさせる。

天王星は、逆行しながら進むから、活動宮24度に来るときは要注意。

実際、救急車のお世話になったのは、天王星がちょうど24度で、出生図の月にアプライだった。

次に目に入ったのは、1ハウスにある月・海王星・金星。

特に月と海王星は、出生図での私の弱点にヒットする。

火星・天王星・冥王星ー土星軸で、太陽/月のミッドポイント上。

ここで、健康面の不安定さや、人間関係の不安定さがイメージできる。

新しい人間関係は必要だけど、詰め込んだスケジュールは、無理だって思った。

1ハウスのこの星たちは、諸刃の剣なイメージだった。

自己イメージがブレ、不透明になるか、イマジネーションが活発になっていくのか、その両方なのか。

だから、絵を描きに行ったり、絵本をたくさん読んだりした。

自分の中での不透明感や葛藤はあったけど、結果的には、トリオン座が生まれて、大満足。

1年の目標は、リターンチャートから決める!ていうのが、占星家の億票の決め方として正解!

誰かと話すことで、刺激になることもあるから、お誕生日月はぜひコンサル受けに来てね。

 

4月23日年生まれ、太陽牡牛座、月山羊座、アセンダント獅子座。
北は北海道から、南は沖縄まで、鑑定人数8000人の旅する占星家。
多くの人に占星術の素晴らしさを伝えたいと思い、無料で学べるメルマガや動画を配信中。占星術講座では、終了後の無料サポートが人気。  詳しくはこちら

LINEで送る
Pocket