星を見るのが好き・・・だけではなく、拠り所だった。

● 星を見るのが好き・・・だけではなく、拠り所だった。

こんにちは。蛭田えみ(Emmy)です。

今住んでいるところは、市電の駅の近くでコンビニもある。

マンションの廊下には、外灯も。

だからなのか、空は低く感じ、星も美しくは見えない。

子供の頃は、抜けるような高い空に、大きく輝く星が、いつも見えていたんだけどな。

占星家の中には、ホロスコープより先に、星を見ることが好きだったっていう人も多い。

私もその一人。

星が好きだったっていうより、拠り所のような感じだった。

弟が赤ちゃんだったころ、身体が弱かった。

今にして思えば、熱性けいれんだったんだと思うけど、「ひきつけ」をよく起こしてた。

夜中にそうなると、母は弟をおぶって、病院に駆け込む。

私は、暗くて寒い部屋で、ひとり留守番をすることになる。

まだ、4歳になるかならないかの頃。

そんな時、家の前の道路から見える月や星が、唯一の灯りだった。

夜が明け、母が帰ってくる頃、ひときわ明るく見える星が、金星だってことも知らなかったけど、安心できる星のように感じてたかな。

希望の星みたいな感じ。

月や星の運行を学んだわけじゃないけど、月の大きさ(月相)によってどこに見えるかが違うってこと、体感してた。

真っ暗な世界にある、唯一の光。

だからこそ、星に対する信頼を持っているのかもしれない。

50代からをもっと豊かに生きる方法♡In the Pinkの世界を創る!  - にほんブログ村



1.コミュニティ入会キャンペーン

コミュニティ In the Pink

8月30日までにご入会の方、30分の無料コンサル付きです!

2.特別コンサル

木星・土星・天王星・海王星・冥王星が作る、人生の転機を生かす! 

大変革の年だからこそ、今までの人生の意味を知る!





シンシア Astrology Space Cynthia

ホロスコープに描かれているのは、人生の使命と才能です。占星術は、あなたの未来の運勢を、望むものへと変える方法を教えてくれます。

広島県内をはじめ、東京・名古屋・大阪・北海道・仙台・福岡・沖縄・イギリス・アメリカ・マレーシアからも、ご依頼いただいています。