ホロスコープは、魂のブループリント(人生の設計図)

簡単占星術講座

3月20日10時 ZOOM開催

>>詳しくはこちら

 

● ホロスコープは、魂のブループリント(人生の設計図)

こんにちは。星の表現者・蛭田えみです。

今日は、ちょっとスピリチュアルな、
ホロスコープについて、かいてみようかな。

ホロスコープは、魂のブループリント(人生の設計図)って
言われることがある。

もちろん、細かいことが、
すべて決まってるわけじゃないけど。

魂は成長のために、必要な時空を選んで生まれてくる。

ホロスコープで、時空を表すのは、アングルだ。

そして、時代を表すのが、冥王星。

今回の人生という枠での課題を与えてくれるのが、土星。

アングルと土星・冥王星には、
今回の人生のテーマが、隠されている。

他にも、ノード軸は、前世と未来性をつなぐものとされたり、
月星座は、ひとつ前の前世を表すとも言われる。

ホロスコープの中の前世要素、結構沢山ある。

 

ひとつ前の前世を表す月

月は、ひとつ前の前世の太陽といわれることがある。

持って生まれたエネエルギー。

上手く使えていたとしても、そうじゃなかったとしても、
自分を動かく原動力になっていた、慣れ親しんだものだ。

だから、そこは心地いい。

努力をした苦しんだ結果が成功だと感じているとしても、
人生は人からの恩恵で成り立っていると感じているとしても、
心地いいのだ。

だから、月星座のようにあることが、安心感を与えるのだ。

でも、今回の人生では、そこから抜け出さなくてはいけない。

それでも、過去にしがみついていると、
身体の症状として現れ、警告してくることがある。

私の月は山羊座。

前世では、過酷な環境の中で、困難や苦しみを乗り越え、
目的に向かうといった経験をしてきた。

だから、今世でも、努力や困難は必要だと思いがちだ。

だから、若いころの困難に耐えることができたんだけど、
今世では、もっと感情を表現し、
楽しいことを優先してもいいってことを、学ばないといけない。

月星座が同じ人(特に度数まで同じ人)は、ある意味、
前世で同じような価値観を持っていたといえる。

そして、同じ時代に生まれていたなら、
同じ場所で生きていた可能性もある。

魂が引き合った関係といえるのだ。

 

人生の使命を表すアングル

アセンダントとMCは、時空を表す。

自分が決めた、生まれる時間と場所だ。

アセンダントは、自己表現を表すと同時に、
この人生をどう生きたいかの動機付けだ。

MCは、社会の中での役割であると同時に、
どんな役割を持たされているのかというものだ。

つまり、アセンダントとMCの組み合わせは、
自分を思いっきり表現して、
社会にどのように貢献するのかが描かれているのだ。

アセンダントとMCの組み合わせは、28通り。

 

アセンダント射手座&MC乙女座の長男

彼の場合は、オープンで楽観的、
楽しい人生を謳歌するために、生まれてきた。

だけど、社会の中では、コツコツと働くこと、
つまりサラリーマン的な働き方も必要だ。

その中で、分析すること、
秩序立てることも学ぶ必要があるのだ。

得たものを自分なりに昇華しながら、
自分独自の考え方を構築していきたいと考えるだろう。

今は、まだ中途半端な感じがする。

仕事はちゃんとするものの、立場と言うことは考えず、
上司に文句を言うようだ(笑)

それが、単なる文句ではなく、
納得させるだけの説得力を持つようになれば、
人生の流れは、変化するんじゃないかな。

 

アセンダント山羊座&MC蠍座の二男

彼は、魂のさらなる成長のために、
過酷な現実を生きる醍醐味を味わうために生まれてきた。

ひとつのものに没頭し、深く理解しようとする過程の中で、
ハードルを味わうだろう。

また、人と深くかかわるということに対する恐れ、
克服というのが、テーマのようでもある。

大きな企業や年長さにも縁があり、その中で、
時代を超えた叡智を身につけていくことだろう。

それは、やがて、物事の再生や復活に
生かされることになりそうだ。

今は、まだ就職して数年だけど、
仕事がら大手企業との縁もあるようだ。

高校時代から続いている、彼女との付き合いは、
まさに彼の人生の中核をなすものとなりうるだろう。

アセンダントとMCからみる、あなたの人生の目的

あなたのアセンダント&MCは、
どんなことを語っていますか?

あなたが生まれてくるときに選んだ、時空が織りなすもの。

きっとあなたの人生に、大きな豊かさや喜びを、
与えてくれるものだと思う。

喜びにたどり着くまでは、
超えなきゃいけないハードルがあるって思うけど。

 

人生の課題を与える土星

土星は、現実社会(物質世界)という中に閉じ込められた魂が、
どのようなハードルを越えて、
魂を成長させようとしているのかを表す。

だから、土星は、試練と言われたり、
制限制約と言われたりする。

でも、土星の試練は、いじめとは違う。

どんなに苦しいことでも、辛いことでも、
成長のために必要なものだ。

土星は、厳しいだけの星じゃない。

努力したあなたの時間に、必ず答えてくれる。

諦めない気持ちが、呼び起されるから。

あなたも土星の力を使うと、夢を実現することができる。

その夢の実現過程での経験で、人は成長していくのだ。

 

アセンダント上の土星

アセンダント上の土星は、生まれてくるときに、
厳しい状況だったことが多い。

望まれない出産であったり、
生まれていく環境が厳しかったり。

また、幼少期には体が弱く、特に7歳頃までは、
命を落とす危険があることも。

しかし、アセンダント上の土星は、年齢を重ねるごとに、
自分っていうものを肯定する力が生まれる。

二男は、アセンダント上に土星が重なっている。

太陽星座の魚座を強く感じないのは、このせいだろう。

実際、彼が生まれる頃は、家庭の状況は複雑で、
私が当時の夫と離婚したのは、彼が生後2ヶ月の時だった。

呼吸器が弱く、入退院を繰り返していた。

今は、「身体が弱かった」っていうことが信じられないって、
彼女や友達が言うくらい健康だ。

自分について、どう思っているのかは、よくわからないけど。

あなたのホロスコープの、土星の星座やハウスがあらわすものは、
最初は苦手意識を強く持つものだ。

それを乗り越えることで、
土星からの恩恵が与えられる。

魂が成長するためには、
現実社会で地に足をつけて生きることが、
必要不可欠なのだ。

 

魂が持つテーマを探求する冥王星

土星が今回の人生での大きなテーマを表すなら、
冥王星が持つのは、輪廻転生しても変わらない、
あなたのテーマだ。

だから、冥王星を研究しているある占星家は、
「人は何度生まれ変わっても、同じ冥王星のもとに生まれる」
って書いてる。

冥王星が持つものは、カルマ的でもある。

だから、冥王星のテーマは避けては通れない。

冥王星がある場所は、人生において、
深く不可逆的な変容をもたらす場所だ。

いったん変化してしまったら、
もう元には戻れないようなもの。

そして、冥王星は超意識とつながる中での変化を起こすので、
現実的には考えられないような選択を迫られることがある。

土星が、地に足をつけて現実を生きる力なら、冥王星は、
もっと深い自分につながり、大きな決断をする力だ。

 

2ハウスの冥王星

例えば、2ハウスの冥王星の場合は、
例外なく金銭に関することがテーマになる。

自営業であれば、現実的には採算とか、
見通しをもって、物事を決める。

収入に直結する職業選択もそうだろう。

しかし、時に冥王星はとんでもないような決断を促す。

私の冥王星は2ハウスだ。

シングルマザーで、
大学に進学が決まったばかりの二男がいる状況で、
安定した総合病院をやめ、自営を始めるというのは、
まさに冥王星的な決断だ。

それができたのは、土星が与える試練に向き合い、
ある程度、土星からのサポートが得られる
年齢になっていたからだとも思う。

大きな決断の時期は、人によって違う。

冥王星のスクエアの時期に起こる人、
ソーラーアークセミスクエアの時期に起こる人、
また、他の天体に刺激されて起こることもある。

個人のホロスコープによって、ずいぶん違うのだ。

 

前世や未来世、人との縁を表すノード軸

ノード軸は、太陽と月の交わる点。

ノースノードは、月の昇交点で、
ドラゴンヘッドと呼ばれることもある。

サウスノードは、月の降交点で、
ドラゴンテイルと呼ばれることもある。

このふたつは、180度になっていて
ふたつを合わせて、ノード軸といわれる。

 

過去世と未来世

サウスノードは、過去世を表し
ノースノードは、未来世を表す。

過去世の記憶は、サウスノードに保存され、
今の人生に大きな影響を与える。

サウスノードがある星座やハウスは
慣れ親しんだものであり
苦しくて疲れ果てた時に安らげる。

その一方で、安易な避難場所として使い
成長することを、妨げてしまうこともある。

複雑に絡み合った、過去世の記憶は、
ひとつひとつの出来事の、根底に流れ続ける。

ノースノードは、今回の人生から
未来へとつながるイメージだ。

ノースノードが表すことは、未知であり
今までの、慣れ親しんだものとは違う。

だけど、そこにチャレンジしていくことで
未来世に向けての、歩みが始まる。

 

人との縁

もっと現実的な視点では、人間関係を表す。

だけど、よく考えたら、
人との縁ほど不思議なものってない。

私は、いくつもの偶然で今の夫と出会ったけど、
私たちの月は、お互いのノード軸/アセンダントに、
正確に接している。

運命の相手を見極めるのにも、
ノード軸は欠かせない。

強くひかれあうそのエネルギーは、
私たちの行動を変えさせ、出逢うタイミングを作るのだ。

大切なパートナーシップだけではなく
公衆とのかかわりを示す。

 

母親との関係

出生図においては、太陽と月の交点であるノード軸は
母親との関係を表す。

ノード軸に、正確にアスペクトしている天体があれば
その天体の意味に関して、母親の影響を大きく受ける。

特に、太陽や月が、コンジャンクションしている場合では
人生を母親に、支配されているように感じるだろう。

でも、その母親を選んで生まれてきたことに
魂的な意味があるのだ。

最初の人間関係である母親は
人生全般において、とても強い影響を与える。

母親の胎内にいる時の記憶が
人生の根底にあり、苦しめることもある。

しかし、そこから抜けていくプロセスこそが
魂の目的でもあるのだ。

 

魂のブループリントを読み解く方法

上記に揚げた、ポイントをまずはチェックしてみると、
見えてくるものがあると思う。

土星は約29年、ノード軸は約19年
冥王星は約248年の公転周期を持つ。

これらの天体が、トランジットで重なり
さらに、出生図に影響している時は
非常に大きなエネルギーの変化を体験するだろう。

特に、3度目のノード軸のリターンと
2度めのサターンリターンは、相次いで起こる。

55歳頃から57歳頃のこの転機は
今までの経験を踏まえて、魂の目的を成し遂げるための
最終章のスタートといってもいいだろう。

そして、上記以外に天王星のスクエアやオポジション、
海王星のスクエアの時期を検討してみることで、
浮かび上がってくるものがあるだろう。

魂のブループリントは、そのプラン通りに進むため、
あなたに様々な経験をさせようとする。

そこに、自ら向き合ってチャレンジしていくのか、
逃げ続けるのかによって、現実の人生の質は、
大きく変わってくるといえる。

 

 

 

応援お願いします♡
PVアクセスランキング にほんブログ村





Healing Space Cynthia シンシア

ホロスコープに描かれているのは、人生の使命と才能です。
占星術は、あなたが持って生まれた星を最大限に表現することをサポートします。

広島県内をはじめ、東京・名古屋・大阪・北海道・仙台・福岡・沖縄・イギリス・アメリカ・マレーシアからも、ご依頼いただいています。