ホロスコープって、人生の転機を、身体の不調っていう形で、伝えることもある。

8月10日~18日 サロンでのコンサルはお休み。グランビア広島かZOOMで。


● ホロスコープって、人生の転機を、身体の不調っていう形で、伝えることもある。

こんにちは。大人のための占星家・蛭田えみ(Emmy)です。

人生の転機って、何かが起こることで、気づくようになってる。

今の生活にも、そこそこ満足、他にどうしてもやりたい事もないっていうときには、大きな変化って、起こしにくい。

ホロスコープは、人生の転機を、身体の不調として、伝えてくることがある。

身体が思うように動かないと、無理してるんじゃないかって、点検するからだ。

寝ずに帳尻を合わせるとか、とにかく走りながら考えるとか、そんなことができなくなる。

私は、水星がノーアスで、ステーションのせいか、考え出すと、高速になる。

そして、その思考について行こうと、体の動きも早くなる。

アドレナリン全開だ。

だけど、これができなくなった時、改めて、いろんなことを考える。

42歳の頃、貧血がひどかった。

その頃、血液内科で働いてて、朝の採血結果一覧を見ると・・・

誰よりHbが低かったことも、1度や2度ではなかった。

普通でも、7.5程度。

生理になると、5.0位までは下がってた。

そうすると、気力だけでは、追いつかない。

どう頑張っても、身体が動かない。

だけど、その時期があったから、看護師をやめることができた。

ホロスコープ上では、この時期が最大の転機だった。

生まれ持ったホロスコープと、成長するホロスコープの最大の葛藤。

実際、手術・退職・再婚・引越しと目まぐるしくて、「シングルマザーナース」として、息子たちと暮らしてた生活は、「なんちゃって起業主婦」になったわけだ。

そして2年前、またこの転機の軸に、大きな影響が。

この時は海王星だったから、何だか体調がすっきりしなかった。

更年期だっていうのもあるんだろうけど、自分ではコントロールができない不調が起こって、約束事をするのが面倒になった。

また、見直しの時期だったのだ。

その頃より1年くらい前から、もっと売り上げを上げるにはって、いろいろと学んで、実践してた。

だけど、これが私には合ってなかった。

不幸なことに、行動すればするほど、売り上げも上がったから、合ってないってことに、フタしてたのかも。

でも、沸騰した鍋に蓋してたら、いつか爆発するよね。

仕事はうまくいってるけど、楽しくないみたいなことになったら、意味がない。

楽しい人生のための仕事なんだから。

やめてのびのびやろう、やりたいことやろうって決めたら、楽になったし、売り上げも落ちなかった(笑)

だから、体調が悪いときって、いろんな事の、見直しの時期なのだ。

がむしゃらに何かをするんじゃなくて、何のためにそれをやりたいのか。

そこがブレてると、こんな感じでお知らせが来るんじゃないかな。

働きずぎてた看護師時代、起業が波に乗って来て、もっと売上をあげたいって頑張った数年前。

男性性が優位になりすぎることで、婦人科系にトラブルが起きるのは、めちゃ納得できる。

自分の考え方、行動の仕方で、フィジカルな健康さえも、大きく影響を受ける。

病気は、それを教えてくれるきっかけでもあるのだ。

 

 



あなたの星の世界を思いっきり生きる!

人生が変わる星の世界24ステップ

ー 24日間無料メール講座 ー

【無料公開】

↓↓↓今すぐ内容を見てみる↓↓↓

Emmyのスケジュール情報

【夏企画】 あなたが地球に来た理由~魂のホロスコープを読み解く 
【9/8-9】 占星術個人コンサル@長崎 
【9/29】 占星術個人コンサル@奈良 


占星術スペース シンシア

ホロスコープに描かれているのは、人生の使命と才能です。占星術は、あなたの未来の運勢を、望むものへと変える方法を教えてくれます。

広島県内をはじめ、東京・名古屋・大阪・北海道・仙台・福岡・沖縄・イギリス・アメリカ・マレーシアからも、ご依頼いただいています。