夫婦の相性を見極める、コンポジットチャートのちから(マニアック記事です)

8月10日~18日 サロンでのコンサルはお休み。グランビア広島かZOOMで。


● 夫婦の相性を見極める、コンポジットチャートのちから(マニアック記事です)

こんにちは。大人のための占星家・蛭田えみ(Emmy)です。

相性の問題は、永遠のテーマみたい。

相性を見るには、通常シナストリーを使いますが、コンポジットなしの深い相性は考えられない。

私たち夫婦は、出会ってすぐに結婚を決めて、今年で10年め。

よく話すしふたりであちこち出かけるのが好き。

それは、シナストリーで見ても、よくわからない。

コンポジットで見ると、よくわかる。

 

シナストリー

ふたりのホロスコープを重ね合わせても、ただひとつの星の重なりもない。

しいて言えば、私の月のアンティッションが、夫のMCだ。

ミッドポイントで見れば、もう少し、ご縁を感じるものはある。

でも、夫婦でなくてもいい感じがするのだ。

 

コンポジット

ASCルーラー金星=太陽/木星。

誠意と愛情が交換される典型的な表示。

しかも、水星=太陽/金星=月/木星=ASC/MC。

これらのミッドポントが、すべて0度。

出逢いって、本当にご縁なんだなって思う。

 

時期表示

この年、夫の時期表示を見ると、こんな感じ。

プログレスでは、ステーションする天王星がPの5Hカスプに正確に合。

さらに2008年(出逢って結婚した年)のリターンの5Hには太陽と月が合し、カスプに金星が正確に合という驚異的な5Hの強さ。

これは、ベタに言うと「大恋愛」の表示。

プログレス太陽とプログレスASCがこの年、牡牛座4度で、私のネイタルの金星に合。

一方私は、こんな感じ。

プログレスの土星は、プログレスの7ハウスカスプに正確に合で、これは夫の太陽の位置。

私の2008年のリターンの5Hには太陽と水星(7ハウスルーラー)が合し、夫と同じようにカスプに金星が正確に合。

鳥肌が立つような星の表示だ。

お互いに、恋愛やパートナーシップに関して、強い年だった。

そして、引き合った相手は、強いコンポジットを形成してた。

ふたりで人生を歩くとき、星たちがどんなエネルギーを持っているのかは、コンポジットでわかるし、そこを意識していけば、いい関係が築ける。

そして、出会う時期は二人の関係の始まりのエネルギーだ。

こういうと、運命的に感じる人もいるかもしれないけど、このエネルギーをどう使うのかは、あなたの選択だ。

私はこの時、結婚する気は全くなかった。

長い間憧れていた、はじめてのひとり暮らし。

お気に入りでそろえた部屋。

手放すには、惜しいものばかり。

だから、こんな大きなエネルギーのうねりを、上手に使えたって事が奇跡だし、長く続いてるんだと思う。

ま、現実的には、夫は「俺の忍耐のたまもの」と言ってますが。

 

 



あなたの星の世界を思いっきり生きる!

人生が変わる星の世界24ステップ

ー 24日間無料メール講座 ー

【無料公開】

↓↓↓今すぐ内容を見てみる↓↓↓

Emmyのスケジュール情報

【夏企画】 あなたが地球に来た理由~魂のホロスコープを読み解く 
【9/8-9】 占星術個人コンサル@長崎 
【9/29】 占星術個人コンサル@奈良 


占星術スペース シンシア

ホロスコープに描かれているのは、人生の使命と才能です。占星術は、あなたの未来の運勢を、望むものへと変える方法を教えてくれます。

広島県内をはじめ、東京・名古屋・大阪・北海道・仙台・福岡・沖縄・イギリス・アメリカ・マレーシアからも、ご依頼いただいています。