木星周期が伝えてくれるもの

● 木星周期が伝えてくれるもの

こんにちは。星の表現者・蛭田えみです。

天体は、それぞれ動く速さが違う。

最も早く動く月は、約28日だし、最も遅く動く冥王星は、約248年だ。

12年周期で動く木星は、起点とする時期から12年ごとの報酬を表す。

木星は、拡大・発展の星だ。

木星周期の時期には、社会からの方かが得られ、人生の中でもとてもポジティブな時期であるといえる。

木星周期の、望ましい変化は、「より良い未来を築くチャンスを見出し、掴み取るチャンスの時期」だ。

その時に起こったことが、たとえ、望まないことだとしても、そこから見出したチャンスは、しょらいに大きく影響を与える。

そして、この時期のチャンスは、未知のものであることが多く、そこに飛び込んでいく勇気も、試されることになるだろう。

そして、望ましくない変化は、努力を怠ることや、事実を見ずに楽観的になりすぎること。

楽観的であることは、素晴らしいことだと思うけど、それは、事実をきちんと見たうえでのことだ。

人生には、もっと希望や未来があり、新しい扉を開くことができると、思うことができると、劇的な変化につながる。

その変化を起こすために、様々な出来事が起こるはずだ。

12年周期の木星の、最初の起点は、その人によって違う。

50代からの私たちは、特に45歳から55歳までにやってくる、木星周期が最重要だ。

その時期に、受け取ったものは、あなたの未来を豊かにするための、大きなヒントなのだ。

今年の夏企画では、木星の報酬も含め、土星・天王星・海王星・冥王星の影響を、改めて見直してみる。

ひとつの天体の周期という視点で見ると、見えてくるものがあるのだ。

木星のサインの使い方も、ハウスの使い方も、年齢によって異なる。

例えば、5ハウスの子供のテーマは、40代くらいまでは、現実的に子育てというテーマとして、現れることも多いけど、年齢を重ねると変わってくる。

残りの人生が半分を切ったと感じる、この年齢だからこそ、しっかりと自分に向き合う、機会にしてほしい。

【夏企画1】 木星・土星・天王星・海王星・冥王星が作る、人生の転機を生かす!

私の木星周期は、どうなっているのか?

まずは、ホロスコープでの木星のコンディションをチェックする。

私の木星は、双子座10ハウスで、5ハウスルーラーだ。

もともと木星は、社会的な報酬という意味があるけど、10ハウスにある私にとっては、さらに重要になる。

それは、双子座がつかさどる、興味ある情報を伝達することや、自分や人の体験を面白い逸話として伝えることというような、分野の可能性があるだろう。

そして、5ハウスルーラーであるということは、子供に関することや、自分の創造性に関連しているとわかる。

私の木星周期の起点は、11歳。

この年、かべ新聞コンクールで1位になったことや、(少しずれるけど)卒業文集の編集委員になって、あとがきや表紙を担当した。

「書く」ことに対しての報酬だったと思う。

次にやってくる23歳は、結婚出産なので、子供を持つ喜びであり、5ハウスルーラーっぽいなと感じる。

次の34歳の時は、忙しすぎて、はっきり覚えてない。

看護学校の講義を担当していたから、テキストを作ったり、そこに絵をつけたりすること、新人教育のための資料を作ったりすることを、やってたような気がする。

そして、46歳の時は、カラーセラピーの先生になったころで、年に数回も海外に行った時期だ。

私の木星は、アセンダント/キロンでもあるから、癒しというテーマにもひかれたのだろう。

そして、それをたくさんの人に、伝えていきたいと思った。

「学び」「教える」に関することで、双子座っぽいなと思う。

木星周期で見ると、学んだり教えたり書いたりすることと、子供に関することが、大きな報酬だったといえる。

そして、次にやってくる58歳は、2度目のサターンリターンとも重なる。

自分の体験や、人と共有した体験を、物語として書いていきたいと思ってる。

そのために、双子座的な伝えることと、5ハウス的な創造性を、発揮していけたらいいな。

 

 

応援お願いします♡
PVアクセスランキング にほんブログ村





スケージュールはこちらから確認!


Healing Space Cynthia シンシア

ホロスコープに描かれているのは、人生の使命と才能です。
占星術は、あなたが持って生まれた星を最大限に表現することをサポートします。

広島県内をはじめ、東京・名古屋・大阪・北海道・仙台・福岡・沖縄・イギリス・アメリカ・マレーシアからも、ご依頼いただいています。