占星術に対する私の想い~感性を生かし、自分で人生を創造していく時代

● 占星術に対する私の想い~感性を生かし、自分で人生を創造していく時代

こんにちは。癒しの占星家・EMMY(蛭田えみ)です。

50代で、占星術を学ぶこと

最近は、占星術に興味がある人も、増えたって思う。

昔みたいに、電卓片手にホロスコープ作らなくてよくなったし、便利になったのもあるかな。

だけど、ちゃんと学ぼうと思ったら、こんな不安もあるかも。

「占星術って、難しいイメージだけど、私にも理解できるかな? ホントに、自分でホロスコープを読めるようになるの?」

難しく考えなくても、ホロスコープを自分で読むってことに、興味を持ってほしい。

12星座ってどんな感じ?とか、今はどんなことするのに、いい時期なの?とか。

星の話に、たくさん触れているうちに、少しずつ身についていく。

占星術に出会った人は、「もっと早く出会いたかった」って言われることが多い。

もっと早く、自分の星を知っていたら、よりよく生きられたのに・・・って。

でも、それは違う。

若い時には若い時の、そして、年齢を重ねたら、重ねたなりの星の使い方があるからだ。

まわり道も、辛く苦しい経験も、すべてがあなたの才能を成熟させ、人生の目的に向かわせてくれるため。

だから、占星術は50代からが、面白いのだ。

ホロスコープを通して、自分の星の才能を知ることで、自分の決断に自信が持てる。

新しいチャレンジを楽しめるようになる。

過去を見つめ直し、何のための経験だったのかがわかると、人生の使命に気づく。

自分の人生を、肯定することができる。

この人生を、自分が選んだんだと、思えるようになる。

あなたも、自分のことを好きになって、健康もお金も豊かさを手に入れられる人生を送ることができる。

 

最も大切にしている、私の思い

占星術に興味がわいて、占星術的な技術や知識を学ぶことは、とっても興味深いことだ。

今まで知らなかった、自分に出会うこともあるだろう。

だけど、少し学ぶと、この配置だとどう読むのかっていう、技術的なことばかりに目が向いて、もって生まれた星の素晴らしさを、どのように人生に、呼び込むのかは、後回しになっている印象がある。

「やっぱり私は、不幸な運命なんですね。」「〇ハウスの冥王星は、不幸なんですね。」みたいに解釈し、それが絶対的なものだと、思ってしまう傾向もあるようだ。

アラフィフになり、人生をやり直すには、遅すぎると感じて、人生がうまくいかないことの原因を、生まれ持った星のせいにして、納得しようとする人もいる。

でも、あなたが今までの人生の中で、重ねてきた経験は、星の才能を開花させるためのものだ。

ひとつひとつの経験を、注意深く読み解くと、見えてくるものがある。

ロジックの時代は、終わりを告げようとしている。

占星術も、「この表示があるから、こうなります。」みたいな、鑑定のスタイルは、意味を持たなくなると思ってる。

決められた枠の中で、生きるのではなくて、感性を生かし、自分で人生を創造していく時代だ。

ホロスコープを通して、自分のことを語り、その時の想いや、その背後にあるものを知り、自分の人生を理解していく。

占星術は、そのためのひとつのツールだ。

ホロスコープを通して、経験を読み解くことで、今までの人生の意味が理解でき、癒しが起こる。

すべてが癒され、許し許され、後半の人生を、自分が望むように、創っていくのだ。

さまざまな経験は、星の才能からの贈り物。

星が伝える、生きる使命を両手で抱きしめて、生きていくために、占星術を学んでほしいと思ってる。

 

 

50代からをもっと豊かに生きる方法♡In the Pinkの世界を創る!  - にほんブログ村


 



シンシア Astrology Space Cynthia

ホロスコープに描かれているのは、人生の使命と才能です。占星術は、あなたの未来の運勢を、望むものへと変える方法を教えてくれます。

広島県内をはじめ、東京・名古屋・大阪・北海道・仙台・福岡・沖縄・イギリス・アメリカ・マレーシアからも、ご依頼いただいています。