土地には、持って生まれたエネルギーと共鳴する場所がある。

LINEで送る
Pocket

● 土地には、持って生まれたエネルギーと共鳴する場所がある。

こんにちは。蛭田えみ(Emmy)です。

その頃付き合ってた彼に会うために、ハワイを訪れたことがあった。

だけど、彼は急な仕事のトラブルで空港にも迎えに切れくれないほど。

今考えても、あり得ないっていう出来事だった。

キレイな砂浜で、ボーっとしする日々。

2日めの午後、それは始まった。

現地の方(多分)に声を掛けられて、数日間をその方と過ごすことになったのだ。

白髪で、白い服を着た美しいおばあさん。

その頃は、スピリチュアルに興味も関心もなかった。

今考えてみると、初めてヒプノセラピーや瞑想を、教えてもらったのは、その人からだった。

その時は非日常の中だったので、魔女修行のような、遠隔ヒーリングの方法なんかも、躊躇せずに聞くことができたんだと思う。

たくさんの天使のお話や、天使を呼びましょうっていう言葉が自然に聞けたのも、とっても不思議だ。

砂浜で星を眺めながら、ただ流れていく時間の心地よさ。

何だか白昼夢のような感じで、何が起こったのかも、正確には覚えてない。

2003年の始まりでした。

その1ヶ月後のメールを最後に、その方との連絡は途絶えてしまったけど。

 

ハワイという場所

ハワイには、楽しんだり、寛いだりしに行きたい場所だ。

非日常の中で、楽しい時間を過ごす。

でも、いつもハワイに行くと、何かを学んだりすることになる。

ホノルルには、水星のラインが通っているからだ。

ホロスコープは、世界地図に投影することができる。

私のホロスコープでは、ホノルルは、水星・ディセンダントラインなのだ。

水星ラインが通っている場所は、知性が活性化する場所。

コミュニケーションは円滑で、必要な情報がたくさん手に入る。

なにかを学ぶのにも良い場所だ。

良い本や有益な情報をもたらす人や、興味のわく出来事などが起こって、好奇心を刺激する。

加えて水星のディセンダントラインは、学ぶにはいいけど、恋愛はうまくいかない場所だ(笑)

本当に土地のエネルギーって面白い。

 

世界各地、行けない人はどうするの?

すっごくいい場所があったとして、行けない人はどうするの?っていう疑問、当然出てくる。

使い方はふたつある。

ひとつは、ラインが通っている土地の文化を学んだり、そこが発祥のものを手にしてみること。

輸入するような感じだ。

もうひとつは、自分が生まれ育った土地や、今住んでいる場所が、どんなことを意味する場所か?って見ていくこと。

こっちの方が現実的に使えるかもしれない。

世界各地に張り巡らされる、あなたのホロスコープの星のエネルギー。

夢が広がるな~。

あなたのホロスコープの世界地図のセミナーは、9月20日開催予定です。

 

2018年 4つの夏企画!

簡単占星術2時間講座@広島

 

 

4月23日年生まれ、太陽牡牛座、月山羊座、アセンダント獅子座。
北は北海道から、南は沖縄まで、鑑定人数8000人の旅する占星家。
多くの人に占星術の素晴らしさを伝えたいと思い、無料で学べるメルマガや動画を配信中。占星術講座では、終了後の無料サポートが人気。  詳しくはこちら

LINEで送る
Pocket