人生を成熟へと導き、夢を実現する時の番人、土星

LINEで送る
Pocket

● 人生を成熟へと導き、夢を実現する時の番人、土星

こんにちは。蛭田えみです。

土星は、輪を持つ、美しい天体だけど、占星術的には、人生に必要な、忍耐や、制限・制約を表す。

だけど、土星は、厳しいだけの星じゃない。

努力したあなたの時間に、必ず答えてくれる。

諦めない気持ちが、呼び起されるから。

あなたも土星の力を使うと、夢を実現することができる。

初めて占星術のセミナーで、土星の意味に触れると、土星がなかったら、いいのにと思うことが多いみたい。

私も、18歳で、初めて、占星術のセッションを、受けた時に、そう思った。

制限・制約の星といわれる、土星がある場所は、苦しいと、じることが多いから。

しかし土星は、単に、抑圧しているだけじゃない。

土星が象徴する成長過程は成熟だ。

ホロスコープの、土星の力は、人生に、深みを持たせ、成熟していくために、必要な経験を、表している。

成熟に向かうために、必要な努力を、示されているので、義務と感じる出来事もある。

私の土星は、8ハウスの魚座。

8ハウスは、いわゆる、遺産も表す。

父親の、決して少なくはない、遺産を放棄する選択をすることになったこと。

単に、制限がかかったっていうことじゃない。

 

ひとつひとつ、必要な経験を、重ねていくことで、本来の力が、成熟していくという、過程なのだ。

自分で、経済を支える必要性があったからこそ、今の私が、こうしていられる。

そうと思うと、遺産の放棄は、与えられたギフトのようにも、感じらる。

そして、人と深くかかわるということに関しての、大きな傷。

それは、単に、苦しみを与えられたってことじゃない。

人と深く関わり、家族になっていくということに、恐れがあったから、揺るがない家族としての、子供を持つ選択をした。

それは、時を重ねるごとに、喜びとして与えられている。

土星は、時を司っている。

何かが、変わるのではなく、時を重ねることで、必要のないものが、手放されていくのだ。

土星の力は、時に辛いと感じることもあるけど、社会の中で、自分の星の力を正しく使う方向に、導いてくれるのだ。

4月23日年生まれ、太陽牡牛座、月山羊座、アセンダント獅子座。
北は北海道から、南は沖縄まで、鑑定人数8000人の旅する占星家。
多くの人に占星術の素晴らしさを伝えたいと思い、無料で学べるメルマガや動画を配信中。占星術講座では、終了後の無料サポートが人気。  詳しくはこちら

LINEで送る
Pocket