ホロスコープは知っていた!~息子たちの星の力

LINEで送る
Pocket

● ホロスコープは知っていた!~息子たちの星の力

こんにちは。蛭田えみです。

先日、いろいろ整理してて、息子たちのアルバムを久しぶりに見た。

この写真は、最近なので、怒られないように加工(笑)

子供たちの成長を、ホロスコープに照らし合わせると、ホントに面白い!

ホロスコープは、ちゃんと知ってるんだよね。

小さかった頃、月星座・天秤座の長男は、人当たりが良くて、誰にでも挨拶ができる、感じがいい子だった。

(過去形)

月から、金星までが、天秤座なのが、こんな感じにするんだよね。

月と木星が、風の星座で、タイトなトラインなのも、人当たりの良さを表してる。

だけど、火星は牡羊座0度。

太陽は蠍座で、冥王星と重なってる。

もちろん、生まれた時から、そのホロスコープは見てたけど、中学生くらいまでの彼を見ていて、火星、太陽、冥王星の影響は、あまり感じられなかった。

でも、高校生になり、就職し、大人になっていくと・・・

見事に、その質を見せてくれる。

アセンダントが射手座で、火星が牡羊座0度の彼に、スポーツをさせていたのは、間違っていなかったな。

職場でも、おかしいって思うことがあったら、上司に直談判に行くらしい。

間違いなく、牡羊座0度の火星だって感じる。

子供の頃の実感としては、いわゆる、普通に育った子だった。

ホロスコープでは、長男は波乱万丈な感じで、サターンリターンを前に、その影響が見え始めてる。

月星座・射手座の二男は、とにかく自由。

子供の頃、身体が弱くて入退院を繰り返していたので、甘やかしたのかな、とも思う。

彼が生まれる頃には、私は離婚することを決めていたので、「この子の誕生を喜べるのは私だけ」っていう思いもあったかも。

そんな時期の出産は、アセンダント上の土星として、彼のホロスコープにもちゃんと表れてる。

射手座の月は、束縛されることを、とても嫌う。

デパートやプールなどで、迷子になったことは数知れず。

でも、泣かないから誰も迷子だって気づいてくれない。

遊び飽きたら、近くを通る人に、「お母さんが迷子」って言って、助けてもらってたけど(笑)

3歳くらいの時も、大好きな保母さんがいるクラスに、毎日行ってた。

1ヶ月もする頃には、5歳児クラスのマスコットのようになっていましたが、それを喜ぶわけでもなく、やりたいからやるという感じ。

3歳児検診の時は、特に大変だった。

とにかく、やりたくないことは、しない。

積み木を積んでみるように言われても、「やりたくない。」の一点張り。

結果的には、発達の遅れがあるかもしれないから、見てもらうようにという判定。

でも・・・家に帰って、気分が乗れば、いくらでも積み木を積む。

これは何色?っていう質問にも、「お前には教えん」と、可愛げもない。

小学生になってからも、ネコをはじめとする動物が大好きで、しゃべっているように見えることもあった。

これは、水星が、魚座だからなんだろうなと思ってた。

彼は、MC上に支配星の冥王星があり、ノーアスペクト。

これが、ひとつのことを探求するということに、つながってて、その対象が数学だったんだろうな。

中学生くらいまでは、数学がそんなに好きで、得意だって、気づかなかったけど。

彼らは、ようやくサターンリターン。

ホロスコープの、本来の質が現れてくるのは、きっと、これから。

だけど、成長していく息子たちを見ていると、星の表れ方や時期は、正確に出るんだなと、思える。

占星術を知っていると、子供の成長を、楽しんでみることができるんじゃないかな。

時には、現実には起こってほしくないことも、起こるけど・・・

子供たちのホロスコープは、私にとっては、トランジットであり一瞬のできごと。

しかし、その特殊な一瞬は、私の人生にも、大きく影響する。

ホロスコープって、本当に不思議。

4月23日年生まれ、太陽牡牛座、月山羊座、アセンダント獅子座。
北は北海道から、南は沖縄まで、鑑定人数8000人の旅する占星家。
多くの人に占星術の素晴らしさを伝えたいと思い、無料で学べるメルマガや動画を配信中。占星術講座では、終了後の無料サポートが人気。  詳しくはこちら

LINEで送る
Pocket