スサノオ金星説のお話

● スサノオ金星説のお話

こんにちは。大人のための占星家・蛭田えみ(Emmy)です。

ある本を、読んでいたら、面白いお話を、見つけたので、紹介します。

神生みの、お話で、伊邪那岐神が、禊をした時に、3人の神様が、生まれた。

天照大神・月読尊・素戔嗚尊の3神だ。

天照大神は、太陽の神、月読尊は、月の神だ。

素戔嗚尊は、嵐の神と、言われているものもある。

でも、太陽・月に対して、嵐は、なんだかバランスが、とれない。

そこで、金星説が、あるらしいのだ。

内惑星である金星は、外合または内合の、位置にある時は、原則として、見ることはできない。

そこで、天の岩戸の、お話が出てくる。

素戔嗚尊の行動に、怒った天照大神が、天の岩戸に、隠れてしまって、暗黒になったという、あのお話。

これを、惑星の動きに当てはめることができる。

素戔嗚尊が、高天原に昇ると、やがて、天照大神は、天の岩戸に、隠れ暗黒になる。

素戔嗚尊は金星で、その宵の明星が現れて、夜になったとも考えられる。

素戔嗚尊が、高天原から、地上に追放され、天照大神は、洞窟から出て来る。

光明が甦ったのは、素戔嗚尊は、やはり金星であって、暁の明星が太陽の出現とともに、姿を消すとも考えられる。

なので、素戔嗚尊は、やはり金星だったという、説らしい。

なんだか、面白いなぁと思って、載せちゃいました。

 



あなたの星の世界を思いっきり生きる!

人生が変わる星の世界24ステップ

ー 24日間無料メール講座 ー

【無料公開】

↓↓↓今すぐ内容を見てみる↓↓↓

Emmyのスケジュール情報

【12/05】 占星術入門通信講座 12月コース 11/05募集開始
【12月~】 2020年星の才能を生かす魔法を手に入れる! 募集開始
【12/20】 博多:占星術個人コンサル 11/21募集開始
【04/17】 東京:プチセミナー Coming Soon


占星術スペース シンシア

ホロスコープに描かれているのは、人生の使命と才能です。占星術は、あなたの未来の運勢を、望むものへと変える方法を教えてくれます。

広島県内をはじめ、東京・名古屋・大阪・北海道・仙台・福岡・沖縄・イギリス・アメリカ・マレーシアからも、ご依頼いただいています。