1枚の紙に描かれた、ホロスコープが、立体的に見えてくる瞬間

LINEで送る
Pocket

● 1枚の紙に描かれた、ホロスコープが、立体的に見えてくる瞬間

こんばんは。Emmy(蛭田えみ)です。

コンサルテーションの前、ホロスコープを見ながら、ひとりひとりの人生に、思いをはせる。

この葛藤を、どのように、乗り越えて来たんだろう。

この、試練の時期に、何を糧にし、何を学んだろう。

そんな思いが、湧いてくるにつれ、1枚の紙に描かれた、ホロスコープが、立体的に見えてくる瞬間がある。

たとえば、土星という星ひとつを見ても、何座で何ハウスにある、というだけの情報じゃない。

父親とのかかわりや、自分の価値について、また、出生時の状況など、多角的な情報を含んでる。

子供の頃は、土星が○ハウスにあるから、こんな感じなんていう、表面を読んでた。

紙という、平面の世界。

背後にあるものを読もうとすることで、紙という表面的なものが、立体に見えてくる。

そこに描かれた、深さを感じ取るたび、ホロスコープは、360度すべて意味を持っていることに、改めて驚かされる。

ホロスコープは、その人が、本当の人生を送るための、ひとつのツール。

だから、コンサルテーションでは、天体や星座の説明をすることはない。

きっと、知りたいことは、そんなことじゃないって思うから。

今の問題の根っこを知って、解決したいという、そこに寄り添っていきたい。

占星術を始めたころは、どんな才能があるのかを知る、優れたツールだと思ってた。

でも、今は、それだけじゃない。

人生の初期に、どんな環境に置かれて、それに対して、どんな経験をしてきたのか。

それを読み解き、見つめることで、今現在の人生の質が変わるという衝撃を、たくさん経験してきた。

星の力を知ることは、生まれ持ったチャレンジから、どんな宝物を手にしたのかを、知る旅だ。

あなたの質が、充分に生かされてないとしたら、それはどうしてなのか。

才能を発揮する妨げになっているもの・・・親から押し付けられた価値観ってことが多いけど、そこから抜け出していくことが大切だ。

持って生まれた星を生きれば、人生はもっと楽しいし豊かだって思える。

例え、困難に直面する時期があったとしてもだ。

ホロスコープの星の才能を知ることは、自分の人生を旅すること。

その旅は、時にとてつもない試練に感じることがある。

だけど、あなたの歩みは、サポートされてる。

宇宙は私たちが、いろんな経験に向き合い、自分の人生を創っていくことを、応援してくれるのだから。

4月23日年生まれ、太陽牡牛座、月山羊座、アセンダント獅子座。
北は北海道から、南は沖縄まで、鑑定人数8000人の旅する占星家。
多くの人に占星術の素晴らしさを伝えたいと思い、無料で学べるメルマガや動画を配信中。占星術講座では、終了後の無料サポートが人気。  詳しくはこちら

LINEで送る
Pocket

6月10日(日)簡単占星術2時間講座@大阪

占星術に興味はあるけど、難しそうって思ったことはありませんか?

本を買って読んでみたけど、よくわからないって思ったことはありませんか?

何かを始めて学ぶとき、自分だけのやり方では、限界があります。

あなたの理解度が足りないのではなく、学び方に工夫が必要なんです。