痛みを緩和する見えない力

● 痛みを緩和する見えない力

こんにちは。大人のための占星家・蛭田えみ(Emmy)です。

金星逆行中のためか、看護師時代のことをたくさん思い出す。

そして、その頃一緒に働いてた人と久しぶりに会ったり。

金星は、私のMCルーラーで、仕事に関係するから、仕事観連のこと振り返る時期なのかもしれないけど。

看護師時代の中で、「痛み」と向き合う機会は、とてもたくさんあった。

入院している患者さんたちは、痛みを持っていることがとても多いから。

WHOでは、健康の定義の中で、身体的・精神的・社会的・霊的・・・という言葉が使われてる。

このどの領域にも痛みが存在する。

医療の現場で、特に終末期の患者さんに対しては、身体的な痛みの緩和に薬剤が使われる。

痛みは気のせいとかでは、すまないレベル。

今は、現状も変わっていると思うけど、私が新人の頃は、鎮痛剤は4時間おきとか、1日3回みたいな医師の指示が多かった。

その許容を超えるときに、痛みを訴えられることが、とても恐怖だった。

痛いと言う人を目の前にして、何もできない自分を、思い知らされるから。

でも、薬剤による身体的な疼痛コントロールが、比較的良好な場合にも、痛みとして訴えられることがある。

それが、霊的な痛み…スピリチュアルペインだったりするのだ。

スピリチュアルペインって、死が間近に迫った患者さんが、自分が生きる意味や価値を、見失ったり、死後の不安や罪悪感などで、苦しむ痛みのこと。

がんを告知された患者さんは、「なぜ自分が癌にならなければならないのか?」「なぜこんな痛みを味わわなければならないのか?」という怒りを持つ。

「自分の人生の意味は一体何だったのか?」という生きる意味への問いもある。

そして、病気になったことで、周りに迷惑をかけてしまったという、罪悪感や死後の恐怖などで、苦しみや痛みを感じる。

スピリチュアルペインを、こんな風に解説する人もいる。

「スピリチュアルペインとは、人生を支えていた生きる意味や目的が、死や病の接近によって脅かされて経験する、全存在的苦痛である。

特に死の接近によって『わたし』意識がもっとも意識され、感情的・哲学的・宗教的問題が顕著になる」 

「自己の存在と意味の消滅から生ずる苦痛」

ここに介入していくには、自分が生死をどのように考えているのか、つまり死生観を持っていなければ、踏み込むことのできない領域だと思う。

新人の頃、痛みを訴える患者さんに、先輩ナースが足浴をしていたことがあった。

鎮痛剤をこれ以上は使えないっていうとき、足浴をしてゆっくり話を聞くことで、患者さんの痛みが和らぎ、眠れるのだ。

また、真夜中に一緒にコーヒーを飲むことで、痛みで眠れない人が、眠れたこともある。

そこには、ゆっくりと話を聞くということが必要で、新人の私には無理だと感じていた。

死の不安や人生に対する後悔を訴えられても、返す言葉を持ち合わせていなかったからだ。

余命が短いと思われる患者さんに、『さわりに来て』と言われることが多かった。

肉体的な触れ合いは、生きていると実感できる行為。

そのことによって、スピリチュアルペインが少しでも和らぐのかもしれない。

鎮痛剤は、薬効として証明されている。

しかし、ただ手を触れることで痛みが和らぐっていうことは、化学的には証明されていない。

でも、その人の苦痛が和らぐのなら、証明できない見えない力というものも、価値がある。

こんな数々の経験が、今、見えない力を信じるまた実感する、基盤になっているのだ。

 



オンラインサロン~トリオン座銀河

トリオン座銀河(オンラインサロン)では、
星と言葉の力を使って、あなたの思い込みをはずし、
本来の才能が発揮される人生を創ります。

4月23日お申し込み開始

↓↓↓詳しい内容はこちら↓↓↓



あなたの星の世界を思いっきり生きる!

人生が変わる星の世界24ステップ

ー 24日間無料メール講座 ー

【無料公開】

↓↓↓今すぐ内容を見てみる↓↓↓

Emmyのスケジュール情報

【4/23】 オンラインサロンスタート 
【5/11】 星のランチ会@大阪 お申し込み受付中
【6/22】 夏至のランチ会&瞑想会 Coming Soon
【7月】 東京個人コンサル Coming Soon


占星術スペース シンシア

ホロスコープに描かれているのは、人生の使命と才能です。占星術は、あなたの未来の運勢を、望むものへと変える方法を教えてくれます。

広島県内をはじめ、東京・名古屋・大阪・北海道・仙台・福岡・沖縄・イギリス・アメリカ・マレーシアからも、ご依頼いただいています。