天王星の転機は、棚ぼたのように、与えられるものじゃない。

8月10日~18日 サロンでのコンサルはお休み。グランビア広島かZOOMで。


● 天王星の転機は、棚ぼたのように、与えられるものじゃない。

こんにちは。大人のための占星家・蛭田えみ(Emmy)です。

天王星は、転機をもたらす。

それは、より個性的に生きるために、削ぎ落としたり、いったん離れたりという作用だ。

だから、もちろんベースになるのは、今どんな人生を歩いているのかだ。

大きな転機だからといって、何もない状態が、いきなり夢の国になるような、魔法じゃない。

最近、天王星のハーフリターン真っ最中の人から、次々に大きな変化の報告をもらう。

44歳で結婚が決まったり、42歳で自然妊娠したり、43歳で起業したり。

彼女たちの共通点は、直感っていうか潜在意識の声をちゃんと聴いてたことと、そこに向かって行動したこと。

行動するって言っても、結婚なら婚活、妊娠なら妊活っていうものじゃない。

今まで、外からの評価に影響されて行動していたのを、自分の基準で行動し始めたからだ。

きちんと自己主張をすることは、自分の人生を生きることにつながる。

私が看護師をやめたのは43歳の時。

その2年前くらいに、「病院勤務はあと2年だろうな。」って、何の脈絡もなく感じたんだけど、それが腑に落ちた。

だから、看護以外のことに目を向けてみようって、無意識に思ってたのかもしれない。

その頃、二男が高校をやめて、フリースクールをリサーチする中で、カラーセラピーに出会って、結果的にそれが起業のきっかけだった。

自分らしく生きたいって思う中で、起業し結婚するとこになった。

結婚したいって、思ってたわけじゃないのだ。

「天王星が影響している時期だから、変わらなきゃいけない」って、考えるのは違うんじゃないかと思う。

それは、星の声、潜在意識の声をちゃんとキャッチできてない。

流れって、内側からやって来るのだ。

44歳で結婚が決まった彼女は、ずっと「43歳で結婚する」って言ってた。

私は何度か聞いてて、インパクトがあったけど、自分ではほとんど覚えてないそう。

だけど、自分の内側の星は、そこに向けて動いていたのだ。

星の声を聴いて、天王星の転機を最大限生かすには、自分に素直に生きることが大前提だ。

取り繕ったり、自分に嘘をついていては、望む人生は手に入れられない。

天王星の転機は、棚ぼたのように何かが与えられるわけじゃない。

自らが切り開いていくための、チェックポイントのようなものなのだ。

 



あなたの星の世界を思いっきり生きる!

人生が変わる星の世界24ステップ

ー 24日間無料メール講座 ー

【無料公開】

↓↓↓今すぐ内容を見てみる↓↓↓

Emmyのスケジュール情報

【夏企画】 あなたが地球に来た理由~魂のホロスコープを読み解く 
【9/8-9】 占星術個人コンサル@長崎 
【9/29】 占星術個人コンサル@奈良 


占星術スペース シンシア

ホロスコープに描かれているのは、人生の使命と才能です。占星術は、あなたの未来の運勢を、望むものへと変える方法を教えてくれます。

広島県内をはじめ、東京・名古屋・大阪・北海道・仙台・福岡・沖縄・イギリス・アメリカ・マレーシアからも、ご依頼いただいています。