長い滑り台~ショートストーリー

ゆうくんのお話。

とっても広い公園にある、たくさんの長い長い滑り台。

僕たちのあこがれだ。

ある日、先生が言った。

「ちゃんと順番を決めて、どこの滑り台を滑るか決めようね。」

やっと僕にも順番が回ってきたんだ。

僕は、男の子と一緒に、黄色の滑り台を滑ることにした。

僕が先に滑って、弟がそれを追っかけてくる。

だけど、僕はちょっと弱気になって、なかなか滑れなかった。

すると、彼が僕の順番を抜かして、先に滑って行ったんだ。

僕は慌てて滑り台を滑り、弟が滑り終わる前に、後ろから引っ張って、弟を止めて、僕が先に滑った。

しょうくんのお話。

やっと滑れることになった、長くて大きい滑り台。

僕はとっても嬉しくって、滑り始めた。

風を切って滑るのは、とっても気持ちがいい。

あと少しで、滑り終わろうとしていた時、後ろから引っ張られて、止まってしまった。

そして、後ろから引っ張った子が、僕を抜かして先に行ってしまった。

すぐに追いかけようとしたけど、なかなか滑り始めらず、しばらくそこにじっとしてた。

先に行く子が見えなくなるころ、僕はやっと滑り始めて、見事に着地した。

 

 

「ほらほら、早くしなさい。」

おかあさんの声がせかす。

だけど僕たちは、生まれる順番の話し合いで忙しかった。

なかなか決着がつかず、おかあさんに訴える。

ゆう「オレが先に行くことに決まっとったのに、あいつが抜ぬかしたけ、ちゃんとせんといけんと思って、引っ張って、オレが先に行った。」

しょう「オレが先に滑っとったのに、あいつが後からきて、抜かしていった。」

おかあさんは、いつもオレたちの、生まれる順番のけんかになると、ため息をついた。

もう、ほんとにわかってないんだから。

空から、おかあさんを見たとき、このおかあさんにしようって、オレたちは決めたんだ。

来る順番も、いつ来るのかも、ちゃんとテレビで見てきた。

おかあさん、ほんとにわかってないな。

 

応援お願いします♡
PVアクセスランキング にほんブログ村





スケージュールはこちらから確認!


Healing Space Cynthia シンシア

ホロスコープに描かれているのは、人生の使命と才能です。
占星術は、あなたが持って生まれた星を最大限に表現することをサポートします。

広島県内をはじめ、東京・名古屋・大阪・北海道・仙台・福岡・沖縄・イギリス・アメリカ・マレーシアからも、ご依頼いただいています。