牡牛座の満月~持って生まれたものをみつめ、人生の目的を思い出す

● 牡牛座の満月~持って生まれたものをみつめ、人生の目的を思い出す

こんにちは。大人のための占星家・蛭田えみ(Emmy)です。

10月25日は、牡牛座の満月です。

満月は、1:45、牡牛座1度、8ハウスで起こります。

この満月のテーマは、「持って生まれたものをみつめ、人生の目的を思い出す」ことです。

私たちは、生まれながらに持ってるものがある。

才能もそうだけど、大きな転機が起こる時期もセットされてる。

だけど、それに気づかなかったり、受け入れていないと、光らないのだ。

それは、ないのと同じ。

DNA的な遺伝や、魂の継承。

たくさんのものが混ざり合って、今の自分になっている。

だから、自分が手にしているものをひとつひとつ確認したり、人生の転機の時期を見て、深く掘り下げていくような時期かな。

ちょうど金星も逆行してるし、どんな心地よさを望んでるんだろうって、考えてみてもいいかも。

得意なこと、好きなことは何かを、書いてみてもいい時期。

ちゃんと自分で、チェックしておくこと。

身近な人に聞いてみるのもいいかな。

自分のことって、意外と見えてないこともあるから。

 

ここからはマニアック記事

満月の月は、5度前ルールで見ると9ハウス。

だけど、満月の太陽と月は、牡牛座-蠍座だから、2ハウス-8ハウスのテーマも、持ってる。

(2ハウスは牡牛座の、8ハウスは蠍座のナチュラルハウス)

蠍座は、過去から受け継ぐ、もたらされる意味がある。

それが所有するという牡牛座の月と一緒に満月のエネルギーをつくる。

実際に遺伝的にもたらされたもの、輪廻転生の中で、魂からもたらされたものを、見ていくことになる。

もちろん、鏡に映しても見ることはできない。

今の生活が、本当に自分の選択で生きてるっていう、実感が持てるだろうか?

もちろん、毎日楽しいこと、嬉しいことばかりじゃない。

それでも、今の人生を愛おしいと感じられるのか。

もし、大きく体調を崩す頃があれば、何かに気づかなければいけない時期だ。

満月の太陽と月は、ノード軸を巻き込んでTスクエア(グランドクロス)だ。

生まれてきた目的を、もう一度見つめる時。

本当に、自分の想いに正直に生きているだろうか?

自分の素直に生きることは、決して自分勝手に生きることじゃない。

自分の軸や信念が強ければ強いほど、細部へのこだわりは少なくなっていく。

もちろん、3ハウス-9ハウスのテーマも持っている。

アセンダントルーラーの水星は、ICルーラーの木星を伴って3ハウス。

さらに水星は、金星/アセンダントを持ち、自分の人生を豊かにするための考え方を、手に入れるきっかけになるだろう。

また、月の横には天王星が重なっている。

今まで当然だと思っていたものを、いったん手放してみる。

例えば、今まで絶対に必要だと思っていたもの、やらずにはいられないと思ていた日常の習慣などを、いったん手放してみてもいい。

普段とは違うことをすることで、新たな気づきが生まれる。

その小さな気づきは、人生を大きく変えるきっかけになるかもしれない。

そして、あなたが生まれた目的、人生の目的へ軌道修正するのだ。

 

簡単占星術2時間講座

占星術って面白そう!
2時間講座で、楽しく学びませんか?



↓↓↓詳しい内容はこちら↓↓↓



あなたの星の世界を思いっきり生きる!

人生が変わる星の世界24ステップ

ー 24日間無料メール講座 ー

【無料公開】

↓↓↓今すぐ内容を見てみる↓↓↓

Emmyのスケジュール情報

【3/21】 簡単占星術2時間講座 残席2名さま
【4/04】 占星術入門講座【通信】 お申し込み受け中
【4/06・07】 個人コンサル@東京 残席1名さま
【5/11】 星のランチ会@大阪 4/11お申し込み開始


占星術スペース シンシア

ホロスコープに描かれているのは、人生の使命と才能です。占星術は、あなたの未来の運勢を、望むものへと変える方法を教えてくれます。

広島県内をはじめ、東京・名古屋・大阪・北海道・仙台・福岡・沖縄・イギリス・アメリカ・マレーシアからも、ご依頼いただいています。