もうじき、木星山羊座入り! 木星&土星&冥王星の山羊座時代到来

● もうじき、木星山羊座入り! 木星&土星&冥王星の山羊座時代到来

大人の占星術:旅する占星家・EMMY(蛭田えみ)です。

12月3日に、木星が山羊座入り。

木星&土星&冥王星の山羊座時代だ。

山羊座って、どんなイメージ? そんなことを書いてみようかな。

まずはやぎ座の神話から。

やぎ座のモデルは、ギリシャ神話に登場する、森と羊と羊飼いの神、牧羊神パンが変身しそこねた姿と言われる。

パンは羊飼いや羊の群れを監視する神で、下半身がヤギ、上半身が人間という姿で、頭には角が生えてる。

パンの母親は、奇妙な姿をしていた幼いパンを置き去りにして去ってしまった。

それを見つけたヘルメスは、神々の元へその子を運ぶと、大変喜ばれ「全ての神々を喜ばす」としてパンと命名された。

普段は天にいる神々、ある日、地上に降りてきてナイル川のほとりで宴会をしてた。

宴会を楽しんでいると、怪物のテュポンが現れた。 テュポンは、大地の神・ガイアが、ゼウスへの復讐のために生んだ怪物だ。

これに驚いたゼウスや他の神々は、鳥や魚に姿を変えて、天へ逃げたり、川を下ったり。

そんな中パンは焦って「上半身が山羊で下半身が魚」という姿に化けてしまったのだ。

その姿が天に上がったのが、やぎ座。

だから、やぎ座の上半身は山羊だけど、下半身は魚。

山羊座の質も、上半身(顕在意識)だけで生きているのか、下半身(潜在意識)ともつながって生きているのかで、3つのステージがあるといわれる。

ひとつめの山羊は、柵の中で暮らす、飼いならされた山羊。

柵は、山羊座の支配星である、土星の象徴のようでもある。

既存のルールに疑問を持たず、新しい挑戦もしない、そんな感じ。

会社のルールに従って、物分かりよく働いてるイメージだ。

そして、ふたつ目の山羊は、自ら考えて、行動する、チャレンジ精神のある山羊。 山羊座は、社会というイメージもあり、仕事で頑張ってる感じは、このタイプ。

サラリーマンであっても、社内改革をしたり、自分で事業を起こして、成功しようとしてる感じ。

最後の山羊は、魂の目的から行動している、社会に価値をもたらす山羊だ。

成功者になりたいわけではなく、自分の魂の目的にしたがって、行動を起こしチャレンジしていく。

それが、やがては、社会に価値をもたらすという感じ。

あなたのホロスコープに、山羊座の天体があれば、どのステージにいるのかを、考えてみるといいかなって思う。

私は・・・月山羊座なんだけど、悪戦苦闘、試行錯誤の毎日。

でも、占星術を通して、In the Pinkの世界を、伝えていきたい!!

 

 



あなたの星の世界を思いっきり生きる!

人生が変わる星の世界24ステップ

ー 24日間無料メール講座 ー

【無料公開】

↓↓↓今すぐ内容を見てみる↓↓↓

EMMYのスケジュール情報

【03/12】 占星術実践通信講座 お申し込み受付中
【随 時】 星の瞑想プログラム お申し込み受付中
【04/17】 東京:イベント ホロスコープで人生の謎を解く! 
【04/17・19】 東京:個人コンサル 3/25  お申し込み開始


占星術スペース シンシア

ホロスコープに描かれているのは、人生の使命と才能です。占星術は、あなたの未来の運勢を、望むものへと変える方法を教えてくれます。

広島県内をはじめ、東京・名古屋・大阪・北海道・仙台・福岡・沖縄・イギリス・アメリカ・マレーシアからも、ご依頼いただいています。