蟹座の新月~過去の経験は大切だけど、その方法に頼っちゃいけない。

● 蟹座の新月~過去の経験は大切だけど、その方法に頼っちゃいけない。

こんにちは。癒しの占星家・蛭田えみ(EMMY)です。

7月21日は、蟹座の新月。

57年前、母の妹が亡くなったのも、7月21日の蟹座の新月。

以前の記事で書いた、メトン周期(19×3)でもあるよね。

 ➡ 記事はこちら

今年に入ってから、蟹座は私のキーポイントかも。

さて、蟹座の新月。

ひとつの大きなサイクルの終わりっていう感じ。

磨き合ってきた魂は、別のステージで、さらに学びを深める。

現実的にも、大きく変わらなくちゃいけないことがあって、留まるっていう選択肢はなくなる。

今まで、行動できないって言って、後回しにしてきたことも、手を付けざるを得ない。

それとも、自分の才能や価値に、一生目をつむっていくのか。

人と合わせることで、何とかうまくやって来た過去は、忘れなきゃいけない。

あなたが何をしたいのかなのだ。

今まで、こんなことを学んで・・・、こんな経験があって・・・、こんな資格を持ってて・・・

それ、今すぐ意識の中から捨てよう。

今までがどうだったかなんて関係ない。

今から、何をやって、どんな価値をもたらしていきたいのかだ。

そのために必要な、過去の学びのエッセンスなら、持っててもいいけど、過去の経験なんて、白紙に戻してもいい。

エッセンスだけを、抜き出すこと。

やり方は変わっていくのが、自然なのだ。

蟹座は、傷ついた時に、戻っていく場所でもある。

その場所ってどこ?

素晴らしい家でも、理解してくれる人でもない。

あなたの中に、そのスペースを創っておく必要がある。

本当の癒しは、自分の内側からしか、起こらないのだ。

この期間、訳の分からない涙が流れる人も、いるかもしれない。

心のままに、感じるままを、大切にしてほしい。

あなたの魂が、きっとメッセージを送ってくれると思うから。

 

 

 

 

 

応援お願いします♡
PVアクセスランキング にほんブログ村






シンシア Healing Space Cynthia

 

ホロスコープに描かれているのは、人生の使命と才能です。占星術は、あなたの未来の運勢を、望むものへと変える方法を教えてくれます。

星の遺言は、あなたがあなたらしく生きることを、愛をもって伝えてくれます。

広島県内をはじめ、東京・名古屋・大阪・北海道・仙台・福岡・沖縄・イギリス・アメリカ・マレーシアからも、ご依頼いただいています。