牡牛座のブルームーンの満月

● 牡牛座のブルームーンの満月

こんにちは。癒しの占星家・蛭田えみです。

今日は、今月2度めの満月。

ブルームーンっていう。

once in a blue moonって、すごく稀っていう意味だ。

そして、ハロウィンとも重なる。

この満月は、ホロスコープの縦の軸に重なってる。

つまり、大地に立っているような感じだ。

自分が生まれた家、つまり、最初の環境を根っこに持ちながら、社会の中へと伸びていく。

最初の環境は、自分の意志で、決めることはできない。

魂が決めて来たって言われても、現実を生きていく中では、そうは思えないことも多いだろう。

だけど、私たちは、都合がいいように、持っているものを変えることはできない。

そこに、大きな学びがあるからだ。

牡牛座は、本来の自分があるべき姿を、探求していく星座だ。

5感を通して、快不快をしっかりと感じる。

本来の自分でいる時には、きっと5感は満たされる。

何らかの心地悪さを感じているのなら、何かを変化させる必要があるのだ。

満月の月の横には、ぴったりと天王星がくっついてる。

今までのままでいいのかどうかの、再点検。

牡牛座の新月で、感じたことの結果が、どのように表れているのかを、再確認する時期だろう。

 

牡牛座の新月~人生の目的を確信するような啓示的体験と・・・

 

新月の記事では、繰り返し、命を不安を手放すことについて、触れてる。

「深く眠る恐れや不安を、手放すこと。

不安や恐れ、戦う気持ちや取り繕う気持ちでまとめていたものを、一度、バラバラにして、再構築するのだ。」

新月が、お誕生日だった私にとっては、この半年はとても大きな時期になった。

記事を書いた時には、予想もしていなかったような感じで、自分がバラバラになる体験をした。

不安を手放すためには、自分が奥深くに抱え込んでいる不安の正体と、対峙することから始まるのだ。

この半年で感じた、自分の奥に眠る感情や感覚にいづいた人は、多いだろう。

それが、今からの人生に、役に立たないものなら、手放す必要があるだろう。

満月の太陽は、アセンダントルーラーでもある。

本当に望むものを手に入れるための下支えだ。

自分とは何か?

外に問いかけるのではなく、内側に問いかけていく事で、やって来るアイデアがあるだろう。

6ハウスには、木星・土星・冥王星といった、深く重い天体が山羊座で重なる。

日常生活レベルでの、習慣や枠組みを変化させていく事が、自分の中の創造性を高め、独自の基盤を作っていくのだ。

家庭という、ローカルルールがしみ込んだものを、刷新していく。

目の前にあるものが変わるわけじゃない。

見え方が劇的に変わるのだ。

また、この満月は、努力が実を結ぶというイメージもある。

努力というと、苦しくて辛くて・・・っていうイメージがあるかもしれないけど、本当に実現したい未来を見据えていれば、その努力は、楽しみのプロセスでもある。

ゆっくりとしか進まなくても、その一瞬一瞬を、感じ尽していく。

その経験こそが、未来の自分からの、大きなギフトなのだ。

 

 

応援お願いします♡
PVアクセスランキング にほんブログ村






シンシア Healing Space Cynthia

 

ホロスコープに描かれているのは、人生の使命と才能です。占星術は、あなたの未来の運勢を、望むものへと変える方法を教えてくれます。

星の遺言は、あなたがあなたらしく生きることを、愛をもって伝えてくれます。

広島県内をはじめ、東京・名古屋・大阪・北海道・仙台・福岡・沖縄・イギリス・アメリカ・マレーシアからも、ご依頼いただいています。