山羊座の新月〜新しい物語が始まる

こんにちは。星の表現者・蛭田えみです。

13日は、山羊座の新月。

新しい物語が始まるエネルギー。

 

新しく始めるためには、古いものと決別する力が必要だ。

今までの、やり方にこだわっていたら、新しいものは見えてこない。

占星家ができることのひとつは、その人の中にある、新しい発想や可能性と、対話できる空間を作ること。

新月の太陽と月は、冥王星を伴って、自分の奥深くを、探究することをサポートするエネルギーだ。

壊してしまうのは怖い。

だけど、どんなに壊してしまったとしても、自分がなくなってしまうわけじゃないのだ。

壊せば壊すほど、本当の自分が見えてくる。

自分が、絶対に必要だと感じていたものは、幻想にすぎないと気付く。

必死に守ってきたものは、単なる鎧。

その枠を超えたところから、新しい物語が始まる。

また、9ハウスには水星・木星・土星の3天体が集まり、9ハウスルーラーの天王星は、火星を伴って12ハウスカスプ上。

幼少期からの知識をもとに、作り上げてきた人生観。

それを、振り返っていくことも、子の新月のエネルギーのひとつだ。

水瓶座は、新しさや革命でもあるけど、それは、土星という、持っている枠に対して、亀裂が入ることだ。

その衝撃によって、まるで電機が走るように、新しい扉が現れる。

それを開くかどうかは、あなた次第だ。

山羊座は、物質的なものと精神的なものの両輪だ。

若いころは、物質主義だったとしても、だんだんと精神主義よりの思考になってくる。

様々な人生経験は、自分の精神性を高め、自分らしく生きることが、最も他人のためにもなるということを、理解していくのだ。

生きがいになるような天職と呼べる仕事について、新しいヒントを得ることもあるだろう。

今、そこにたどり着いているかどうかは重要じゃない。

自分が生まれてきた意味を、日々の生活の中で感じ、そこに喜びをもたらすような生き方をすることだ。

どんなことがあっても、揺らぐことがない山羊座の信念。

それは、自分だけがよけれがいいのではなく、社会に向けての発展の方法を探求すること。

そして、子供や孫世代の社会に、何を残していけるのかを考えることだ。

山羊座の支配性は土星。

土星は時の番人であり、私たちに、人生は有限であることを教えてくれる。

人生の終わりを、考えるようになる、土星期に入ると、土星の意味が腑に落ちる。

山羊座の新月は、あなたの人生の新しい物語を始めるエネルギー。

ぜひ、空を見上げて、感じてほしい。

 

 

応援お願いします♡
PVアクセスランキング にほんブログ村





スケージュールはこちらから確認!


Healing Space Cynthia シンシア

ホロスコープに描かれているのは、人生の使命と才能です。
占星術は、あなたが持って生まれた星を最大限に表現することをサポートします。

広島県内をはじめ、東京・名古屋・大阪・北海道・仙台・福岡・沖縄・イギリス・アメリカ・マレーシアからも、ご依頼いただいています。