星の声を聴くっていう言葉が、心に残りました。

占星術入門講座9月開催


● 星の声を聴くっていう言葉が、心に残りました。

こんにちは。大人の占星術:旅する占星家・Emmy(蛭田えみ)です。

昨日は、友達といろんなこと語りながら、5時間以上もしゃべってた。

男性からしたら、無駄な時間って感じかな。

だけど、自分の考え方を確認したり、刺激を受けたり、貴重な時間。

占星術講座の時でも、普段の雑談でも、私は「星の声を聴く」ってよく言うみたい。

無意識だけど。

先日も、こんなご感想をいただきました。

星のお話し、本当に奥が深いです。

私は自分も教壇に立つ身ですが、先生の言葉から出てくるものは、単に学んだり、資格を取ったりという事とは、違うように感じました。

本当に、心からもしくは腹の底から出てくる言葉のような気がします。

中でも、星の声を聴くっていう言葉は、とっても印象的でした。

最近は、資格が乱立しています。

訳のわからない協会や、名乗っただけの中身のない専門家も多いですね。

資格や肩書きで、外だけを飾っている人の多さに、辟易していたところだったので、先生の言葉が心にしみたのかもしれません。

子供の頃から、空の星を見て成長し、ホロスコープは、遊び道具だったなんて、まさに星の声を聴いてこられたんだなと素直に感じました。

私が、子供の頃から大好きで、やってきたことは何だっただろう。

時間もお金もかけて、触れ続けていたいものは、何だろうと、真剣に考える機会になりました。

ホロスコープを知ることも、とても興味深かったですが、時々話される、先生がどう生きてきたのかも、とても興味深かったです。

また、先生の言葉で星のお話を聞きたいと思います。

ありがとうございました。

星に関しては、子供の頃から、自然にそばにあったもの。

昔は、もっとたくさんの星が、大きく見えてた。

暗い夜空に輝く星を見て、励まされたような気持になってた。

そんな経験が、星の声を聴くっていう言葉になったのかもしれない。

ただただ、なくてはならないもの。

だから、起業した時は、仕事になるなんて発想はなく、メニューにはなかった。

自分が持って生まれたものや、経験を積み重ねてきたものって、意外と自分では過小評価している。

あなたも、人生の棚卸をしてみたら、すでに持ってるものって、たくさんあるんじゃないかな。

 



あなたの星の世界を思いっきり生きる!

人生が変わる星の世界24ステップ

ー 24日間無料メール講座 ー

【無料公開】

↓↓↓今すぐ内容を見てみる↓↓↓

Emmyのスケジュール情報

【募集中】 占星術入門通信講座 
【09/09】 長崎:占星術個人コンサル
【10/09】 益田:占星術個人コンサル
【10/14】 奈良:占星術個人コンサル
【10/19】 大阪:占星術個人コンサル


占星術スペース シンシア

ホロスコープに描かれているのは、人生の使命と才能です。占星術は、あなたの未来の運勢を、望むものへと変える方法を教えてくれます。

広島県内をはじめ、東京・名古屋・大阪・北海道・仙台・福岡・沖縄・イギリス・アメリカ・マレーシアからも、ご依頼いただいています。