とにかくえみぃ先生に、伝えたくてメールしました。

LINEで送る
Pocket

● とにかくえみぃ先生に、伝えたくてメールしました。

こんばんは。蛭田えみです。

連休だったことが、何も実感できないまま終わってしまった。

看護師の頃も、世の中の祭日とは無関係だったけど、自営の今も、そんな感じ。

占星術のコンサルの後は、メールをいただくことがとっても多い。

先日占星術コンサルを受けてくれた方のご感想をご紹介しますね。

今まで、いろんな思いをため込んでいたことは、わかっていました。

でも、どうしていいのかもわからず、今回、なぜだか自分の人生という言葉に魅かれて、受講しました。

正直、受講中は、なかなか自分に正直になれなかったし、知識としては、知っていることも多かったです。

ただ、なんて言っていいのかわからない、気持ちのザワザワする感じが続いていました。

昨日の夜、DVDを見て、涙が流れた自分に、驚きました。

私は、何があっても泣かないし、映画や小説で泣いたこともありません。

友達が泣くのを見て、女を武器にしているようで、汚らわしいとさえ思ってました。

泣いた後は、信じられないくらいスッキリとしていて、DVDの内容も覚えてないほどです。

そのDVDは、そんなに泣くようなものでもないんです。

泣いている自分が、ただただ驚きです。

とにかくえみぃ先生に、伝えたくてメールしました。

 

 

占星術は、いわゆるヒーリングじゃない。

でも、人生をどんな風に歩いてきたのかを知ると、着ている鎧が、はがれることがある。

それが、結果として、過去の自分を癒していくことにつながるのだ。

「泣くことはみっともない、女を武器にして汚らわしい」という思いが、どこからやってきていたのか。

それを思い出すきっかけが、「泣くようなもんじゃないDVD」の中に、隠れてた。

それは、彼女の個人的な経験だ。

星の興味を持ってくれる人の中には、ホロスコープに描かれている質とは違うって感じてる人多い。

ホロスコープの中にある、自分の才能や質を、客観的に読み解いても、納得できないって。

それは、そうあってはいけないという、思い込みだ。

親からの刷り込みとか。

占星術は、自分を見つめるにとどまらず、過去の自分をケアすることができる。

すると、持って生まれた星の才能を生きられるようになるのだ。

あなたのホロスコープの星の才能、ちゃんと生きてる?

 

4月23日年生まれ、太陽牡牛座、月山羊座、アセンダント獅子座。
北は北海道から、南は沖縄まで、鑑定人数8000人の旅する占星家。
多くの人に占星術の素晴らしさを伝えたいと思い、無料で学べるメルマガや動画を配信中。占星術講座では、終了後の無料サポートが人気。  詳しくはこちら

LINEで送る
Pocket